これから始める為替取引とFXの基礎知識とは?

スポンサーリンク




為替とFXとは

初心者はなかなか手を出すことが難しいと言われている金融投資に外国為替がありますが、とりわけ最近は、初心者でも気軽にできる投資方法として、いわゆるFXを始めるケースがよくあります。

しかし、一歩間違うと大変な損をしてしまい、少額資金を大きくふやすことができるため、為替取引の人気が高まっています。

初心者でも、ぶっつけ本番でトライするのではなくて、ある程度の知識を持っておくことで、外国為替による取引をFXと言いますが、もともと外国為替証拠金取引の略称です。

外国の通貨を売買して、利益を得る取引のことを主にFXと呼びますが、近年は金融投資方法1つとして、FX為替を活用している人が大勢います。

FXの特長の一つに、レバレッジを利用した取引があり、手持ちの資金を証拠金に、その何倍もの取引を行うというもので、初心者のうちは手持ちの資金が少なく、資金額をめいっぱい使っても為替差益が伸びないこともあるでしょう。

FXを利用すればレバレッジを使うことができますので、実際の資金以上の為替取引をすることができ、利益も大きくできますが、ハイリターンであるがゆえにハイリスクの部分もあるので、初心者は為替についてよく学んでから始めたほうがいいでしょう。

初心者でも利益を得られる為替取引とは

初心者が外国為替で投資取引をしたい場合には、為替の基本的な仕組みをよく知っておく必要があります。

外国為替は海外で流通している通貨を活用し、タイミングよく換金して行くことで、利益につなげていますが、1ドル=100円の時に10万円でドルを購入すると、1000ドルが手に入ります。

もしも、為替レートが1ドル=110になると、1000ドルを円に戻すと11万円になり、1万円ふえます。

全くの初心者が為替を扱う時には、手持ちの日本円を外国通貨に代え、円が安くなったタイミングで外国通貨を売って利益にしますが、FXの場合、レバレッジを活用することで小さな元手でも、大きな利益を出すことができる魅力があります。

投資資金として100万円ある場合、レバレッジを10倍にすることで1,000万円分の通貨を取引でき、ハイリターンの投資も可能ですが、高レバレッジはリスクが高い運用方法なので、為替取引を始めたばかりの初心者にはおすすめできません。

リスクが高い売買を初心者の段階でやるのはやめたほうがいいでしょう。少しずつFXに慣れてきて、経験と知識を積めてきたと感じるまでは、高レバレッジ取引はやめておきましょう。

為替の初心者は、利益を焦りがちですが、そう簡単に誰でも儲けが出るというものでは無いことも理解しておくことも大切です。

初心者に知ってほしい為替のポイントとは

初心者が外国為替の取引をする場合、まずは必要なものをあらかじめ準備しておかなくてはなりませんが、外国為替取引で必要なものとしてはまず投資資金が一番重要です。

初心者でもある程度の金額を資金として用意しておき、必要になったら資金を足せる態勢を整えておくことも大事です。

売買取引をするための専用の口座をつくることになりますが、この頃はインターネット環境が整えられていることが、為替取引を円滑に行うためには欠かせません。

基本的なパソコン操作ができる人でないと、タイミングを逸してしまう事がありますが、FXや投資に興味はあるけれど、どうしていいのか分からないという初心者もいるでしょう。

証券会社などの金融機関に行くことで、丁寧に説明を受けることができ、証券会社で相談をすることで、FXや株だけでなく、資産を生かすためにどんな方法があるかがわかります。

初心者だからと、一から十まで他人に依存するのはいい方法ではありませんが、外国為替の場合は、知識を深めることで為替の動きが理解しやすくなりますので、たくさん知識を得ることで、それを利用して利益が得やすくなることが為替の魅力的なところです。

投資とは我慢と決断が非常に大事になってきていますので、たとえ初心者であっても正しい知識を身につけることで、為替取引で十分に利益を生み出すことが可能なのです。

円ドル為替の戦前までの歴史とは

外国為替取引をしている人も多いようですが、円とドルの関係にはどのような歴史があるのでしょうか。

実は円ドルの歴史はそれほど長いものではなく、円は1871年に1ドル1円の為替相場で誕生しましたが、しかし西南戦争が1877年に起き、その戦争費用を賄うために兌換紙幣が大量発行されてインフレになり、1ドル=1円という相場が崩れはじめました。

その後、日本は日清戦争に勝利し、清国から賠償金を得ましたが、清国から支払われた賠償金は英ポンドだったため、ポンドを金に替えるため金本位制に移行する必要が生じました。

金本位制が使われていた1897年~1917年の間は、1ドル2円強の為替相場となっていました。第一次世界大戦ではヨーロッパ諸国に変わって、日本の物資が世界中に輸出されたので、経常収支は大幅黒字となって、為替相場は1円2ドル以下と円高になったといいます。1918年に第一次世界大戦が終了した後、日本にも不況がやってきます。

1923年の関東大震災によってさらに円の為替相場は急落して、1ドル2円63銭の円安となったそうですが、円の大暴落を受けて、金本位制に戻すことによって経済情勢の立てなおしをはかろうという意見が出ました。

実際には、この時の内閣は旧平価に近い水準での金の解禁を行うという政策を採っていましたが、この政策は市場の状況を加味していないも同然のことであり、企業の倒産や収益悪化から、昭和恐慌、軍部介入へと歴史は流れていきます。

円ドルの為替相場はさまざまな歴史上の出来事と共に推移していることがわかります。

戦後の円ドル為替の相場とは

円ドルの為替相場は世界と日本のさまざまな歴史によって変化してきましたが、過去の大きな戦争である第2次世界大戦から現在まではどのように推移してきたのでしょうか。

関東大震災以降、円安であるにも関わらず当時の首相と大蔵大臣が旧平価に近い水準で金を解禁したことによって、大幅な物価の切り下げを強いることになりました。

このことは企業の収益悪化や倒産、失業者の増加を招く原因となり、昭和恐慌の原因にもなりましたが、軍が政治に口出しをするきっかけになってしまいました。

その後、1931年にはイギリスに続いて日本も金本位制から離脱しましたが、この時に物価が大幅に高まり、円ドルはどんどん円安方向に推移しました。

1932年では1ドル=5円だった円ドルは、第二次世界大戦で日本が敗戦国になった後に1ドル=15円になり、どんどんインフレが進行し、1947年3月には1ドル50円、1948年7月には1ドル270円の為替相場となったのです。

1949年には1ドル360円という為替相場が司令部によって日本政府へ通達され、ベトナム戦争の後アメリカの経済が疲弊しそれをきっかけに1973年には主要国通貨は変動相場制へと移行することになりました。

以後、オイルショック、イラン・イラク戦争など様々な世界情勢の変化もあってドル安はストップし、1978年に1ドル=176円だったものが276円にまで上がりました。

その後、1948年には貿易取引の裏付けがない状態でも外国為替の取引が認められるようになりましたが、変動為替相場は以後も続き、1995年には戦後最安値である1ドル=79円75銭、2011年には76円25銭、半年後には75円32銭と、東日本大震災もありどんどん円高状態が進んでいきました。

為替取引をする場合にはこのような過去の円とドルの歴史から相場の推移を予測することも大切です。

円とドルの為替取引とは

円とドルの為替取引をFXと呼ばれる為替取引で始める人が増えていますが、FXとは外国為替証拠金取引のことです。

ドルやユーロなどの外国為替を交換、売買してその差益を目的とした金融商品なのですが、FXの特徴的なところはレバレッジが利用できるところであり、実質的に自己資金の何倍もの取引を行うことが可能です。

FXの魅力的なところに、売買差益の他にスワップポイントというものがありますが、円ドルのように、二国間の金利差のある外貨の場合、外貨を持っているとスワップ益が入ります。

外国為替市場は、平日なら1日じゅうどこかの市場があいていますが、株式市場のように取引に時間制限はなく、土日の除く毎日24時間取引ができるのが最大のメリットです。

外国為替証拠金取引を始める場合にはいろいろな知識を得ておく必要があり、円高と円安については最低限でも理解しておかなければなりません。

外貨に対して円の価値が上がっている状態を円高といいますが、1ドル120円と1ドル100円ではどちらが円高なのでしょうか。

例えば、1ドル=120円ならば、120円を出すことで1ドルの商品を購入することができますが、1ドル=100円なら、1ドルの商品を買うためには100円があれば買えることになります。

つまり、1ドル=100円の方が円が強く、円高状態であるといえ、FXを行う時には為替に関する基礎的な知識だけでなく、各国の経済情勢や国家間の情勢など、様々なことを調べてみましょう。

円やドルについて幅広く情報を持っている方が、外国為替証拠金取引を有利にすすめられるようになるのは言うまでもありません。

外国為替市場と為替レートとは

外国為替市場で使われる為替レートは、日々そして時間によって刻々と変わってきますが、外国為替レートの変動の基本は、外国為替を買いたいという言う人が売りたいと言う人よりも多ければ、価格は上昇します。

売却したい人が多い外貨の為替レートは下落するという仕組みですが、外国為替市場のマーケットメーカーは、世界各国の銀行や政府です。

外貨の売買をすることで、為替レートに介入してきていますが、為替の変動とは、様々な要因に基づいて成り立っていますので、外国為替のレートの変動の要因となるものは、各国の金融通貨に対する政策です。

韓国との拡充分の通貨スワップ協定が、打ち切りになったことは記憶に新しいところですが、2カ国間の通貨スワップの他にも、いろいろな通貨政策というのがあります。

国がどのような通貨政策を行うかも大事ですが、公開市場操作、公定歩合や預貯金準備率への介入から、景気動向を判断することもできます。

金融政策と外国為替市場での為替レートは密接な関係にありますので、政府や市場関係者の発表内容で為替市場が動くのは、一般的な光景といえます。

外国為替市場は、世界各国のお金がやり取りされていますので、外国為替市場ではいろいろな国の財産の価値やその国と他の国を比較してどのぐらいの価値があるかなどが示されるわけです。

外国為替市場と取引形態とは

外国為替市場の取引形態についてですが、スポットと言われる現時点で通貨の交換を行う直物がひとつで、将来の通貨の取引を行うという、フォーワードという取引形態も存在しています。

スワップというやり方もありますが、直物と先物の両方の取引を組み合わせて行ったり、取引日の違う先物同士の取引を組み合わせた取引を行ったりすることを、為替スワップといいます。

スワップ取引というのは、外国為替市場の中で、一番多い取引の形態で、全体の半数以上を占めていますので、銀行の中には外国為替のディーラー以外にスワップディーラーもいます。

カバー取引や収益獲得をする為のスワップディーリングという直物と先物を組み合わせた取引などを行っていますが、スワップディーリングはそれ自体では大きな利益はもたらしませんが、銀行では外貨融資のために行うことがあります。

外国為替証拠金取引では、現時点での自身の持ち高を使った取引をするという形を取っていますので、外国為替市場の取引を行う場合は、どんな言葉が使われていて、どんな意味を持つかを知っておくといいでしょう。

銀行や外国為替の仲介業者などのサイトに書いてある用語集を読んだり、取引シュミレーションを利用して外国為替市場の取引に慣れる事が必要です。

スポンサーリンク