オリーブオイルで痩せる!オリーブオイルの性質と選び方とは?

スポンサーリンク




オリーブオイルダイエットとは

オリーブオイルダイエットは、毎日オリーブオイルを飲むことで痩せるというダイエット方法ですが、ダイエットにオリーブオイルを飲むことがなると聞くと、多くの人が信じられないかもしれません。

少量でもカロリーが高く、ダイエットにはマイナスになるという印象が強いのが油だからですが、確かに油の取り過ぎはカロリー過多になりやすく、体重増加につながります。

動物性のバターなどの脂肪はダイエットにとってマイナスになるものですが、適量のオリーブオイルなら便秘解消や美肌に効果があり、コレステロール対策にも有効です。

酸化しにくいオイルといわれるのが、オリーブオイルに含まれる不飽和脂肪酸のオレイン酸ですが、体内の中性脂肪を、脂質の代謝や糖の代謝を活性化することで減らすのに有効です。

シャングリラダイエットや地中海式ダイエットが有名なのが、オリーブオイルを使うダイエット方法で、シャングリラダイエットはテレビでも取り上げられ、女優さんが実践したことで有名になったダイエット方法です。

代用が砂糖水でもできるそうですが、食欲をオリーブオイルを使ってコントロールするダイエット方法だそうで、シャングリラダイエットも地中海式ダイエットも、それぞれ用いるオリーブオイルの種類や、ダイエットの具体的な方法に差がありますので、混同しないようにしましょう。

オリーブオイルの性質とは

いったいオリーブオイルは、どのような影響をダイエットに与えるのか、ダイエットに油だから良くないとか、油だから体に良くないと思い込んでいる人いるのではないでしょうか。

オリーブオイルは優れた食品、実は適量なら、健康にもダイエットにも良いものなのですが、植物油の多くは種をしぼって作りますが、オリーブオイルというのは、オリーブの果実が蓄えているオイルを搾り出したものです。

果実から作られるオリーブオイルは、オリーブのジュースといっても過言ではありませんが、母乳に脂肪酸組織が似ているため、離乳食にも地中海沿岸では取り入れられているといいます。

不飽和脂肪酸であるオレイン酸を含むオリーブオイルは、悪玉コレステロールを下げる性質がありますが、効果的にダイエットの大敵でもある便秘解消にも役立つのが、オリーブオイルです。

コレステロールの調整だけでなく、オレイン酸は小腸を刺激し、効果的に腸のぜん動運動を促進することができ、油が足りないと肌の調子が悪くなり、便秘の原因にもなりますので、ダイエット中は油ものを避けてしまいがちですが、注意が必要です。

オリーブオイルはカルシウム、鉄、カリウムなど体に必要な栄養を豊富に含んでいますが、鉄分やカルシウムなどダイエット中は特に不足しがちな栄養素の補給にも役立ってくれるのがオリーブオイルです。

飲むだけで健康や美容に効果を発揮するというオリーブオイルなら、ダイエットに上手に役立てることが可能です。

オリーブオイルを選択する方法とは

様々な種類がオリーブオイルと一口に言ってもあるので、どれをダイエットで利用したら良いのか迷ってしまうでしょう。

ダイエットをオリーブオイルでするな場合に選びたいのは、ダイエット方法に合ったオイルですが、風味がないオリーブオイルが望ましいといえるのが、シャングリラダイエットの場合です。

エクストラバージンのオリーブオイルは風味や香りが良いのでおすすめできませんが、一般的には、酸度が低いものほど良いオリーブオイルだとされています。

一般的にオリーブオイルというのは、オリーブの果実を搾ったものをいいますが、一番最初に絞ったものだけでできており、化学的な加工が全く施されていないものがエクストラバージンのオリーブオイルです。

このほか精製オリーブオイルと呼ばれているのは、絞り終わったオリーブの残りカスや劣化品質のオリーブから抽出したものです。

バージンオイルと精製オリーブオイルとをブレンドしてピュアオリーブオイルは作られますが、ダイエットに向いているオリーブオイルだといえるのは、価格も安価で、バージンオイルと比べると風味や香りは薄いからです。

オリーブオイルには、スパイシータイプとスイートタイプがあります。スパイシータイプは早い段階でオリーブの果実を収穫し、オイルにしたもので苦味が少々あります。

ポリフェノールをスイートタイプよりたくさん含んでいるのが特徴ですが、オリーブオイルを利用してダイエットする時には、事前にしっかり情報収集して、自分の体質やダイエットの目的に適した商品を選んでいただきたいものです。

スポンサーリンク