クレジットカードとキャッシングの基礎知識とは?

スポンサーリンク




キャッシングサービスとは

キャッシングサービスとは銀行などの金融機関が利息を得る目的で個人に対して小口の融資を行う金融サービスですが、キャッシングは担保や保証人を必要とせず、限度額の範囲内でなら何度でも借入が可能です。

まず、サービスを扱っている金融機関に申込みをしなければ、キャッシングを利用することはできませんが、銀行系、消費者金融系、信販系など様々な系列が、キャッシング会社にはあります。

それぞれ異なるのは、金利や限度額などのキャッシングサービスの内容ですが、店頭窓口や無人契約機、ネットの送信フォームからキャッシングの申込みをすることができます。

金融会社は申込み者の審査を行い信用度や返済能力を判断しますが、一定の返済能力があると見なされると、キャッシングカードが発行され、カードを現金自動支払機やATMで用いることで、お金の貸し借りができるようになるものが最近のキャッシングサービスです。

申込みが簡単で、審査に時間がかからない傾向があるのが、最近のキャッシングですが、少なくないのが、手軽に借入ができることから、つい借りすぎてしまう人たちです。

毎月1度、借入時に決めた金額を少しずつ返済していくことになるのが、返済のスタイルですが、延滞料が発生する上、キャッシング履歴に記録が、支払いが遅れると残ってしまい、以後の新規キャッシングサービスが受けづらくなるので、返済時には注意が必要です。

無利息で借りることの出来るキャッシングサービス

キャッシングサービスの中には、金利0%で借入が可能なものがありますが、借りた金額と同じ金額を返済すればいいので、実質的な出費はありません。

金利ゼロでのキャッシングサービスは会社が儲からないようにも利息とは金融会社の収入源ですから見えるでしょうが、顧客にキャッシングの申込みをしてもらうことが、金利0%のキャッシングサービスの目的だといえます。

限度額以内であれば何回でも融資が利用できるのがキャッシングですが、一回契約を結んでしまえば、借入手続きが一気に簡単になるのです。

ほとんどの場合、無利息キャッシングには条件が設定されていますが、無利息のキャッシングサービスが出はじめたばかりの頃は、新規契約のみ一週間という制限がついていましたが、金融会社の中には、借入期間を30日間のみと短期間に設定した上で、設定の範囲内であれば無利息というものも今ではあります。

使い方次第でお得な融資を受けることが、いずれの場合もでき、消費者金融系が多く、銀行系にはほとんどないのが、無利息でのキャッシングサービスを行っている金融会社ですが、会社によって無利息のキャッシングサービスの条件は違うので、手続き時にはよく確認することが大切です。

レディース専用のキャッシングサービス

レディース専用のキャッシングサービスについてですが、キャッシングサービスの中には、女性専用に融資を行っているものもあり、レディースキャッシングと呼ばれています。

女性が安心して利用できるキャッシングサービスを提供するというもので、電話応対や窓口スタッフは全て女性で、男性相手には話しづらいことや、家庭の主婦ならではのキャッシング事情などを相談することが可能です。

女性が話しやすいのがレディースキャッシングのメリットなのですが、最近ではレディースキャッシングとそれ以外の通常のキャッシングサービスの差は小さくなりつつあります。

レディースキャッシングができたばかりの頃は、まだ無人契約機も少なく、キャッシングの申込みは店舗窓口で行うものでしたが、キャッシングそのものに敷居の高さを感じる女性も多く、家族に内緒で借入をすることも何かと気を使いました。

今は、ネットキャッシングが主流になり、男女問わずに人に知られずキャッシングサービスを利用しやすい環境が、最近ではできあがってますが、年収の少ないパート主婦や専業主婦への融資可能額が、法律が改正されて借入額の総量規制ができてからは低くなっています。

レディースキャッシング専用窓口やフリーダイヤルを設けている金融会社は今でもたくさんありますが、キャッシングサービスとしてのレディースキャッシングの重要性は薄れつつあるのが現状です。

キャッシングとクレジットカードの違いとは

キャッシングとかクレジットという言葉をよく耳にしますが、2つの言葉に違いはあるのでしょうか。

クレジットカードのクレジットとは信用という意味ですが、クレジットカードは信用によって商品を買うためのカードなのです。

クレジットカードがあれば、現金の持ちあわせがなくても決済を行うことができますが、クレジットカードには、旅行傷害保険やポイントサービスなどの特典が付帯しているものも少なくありません。

クレジットカードは、信販会社やクレジットカード会社が発行していますが、キャッシングとは、個人の信用を担保として融資を利用できるというものです。

キャッシングとは消費者金融、信販会社、クレジット会社などから現金を借りることなのですが、クレジットカードは買い物をツケ払いで済ますことであり、キャッシングはお金を借りることだといえます。

クレジット会社の中にはクレジット機能とキャッシング機能の両機能がついたクレジットカードを取り扱っているところもありますが、クレジットカードでキャッシングサービスが受けられる場合、キャッシングの利用限度額は低めになっています。

キャッシング会社の発行するキャッシングカードは、キャッシングサービスのみという傾向があり、キャッシングカードをATMなどに使うことで融資を受けられます。

多目的に利用したいならクレジットカード、まとまったお金を借りたいのならキャッシングカードを選ぶのがおすすめです。

キャッシングのできるクレジットカード

キャッシングのできるクレジットカードについてですが、クレジットカードを持つ人が増えて手持ちの現金がなくても決済手続ができることがクレジットカードの利点ですが、キャッシングとしても使えるカードもあります。

クレジットカードの発行時、顧客に対してカード会社が取り決めたキャッシングの限度額があり、その金額以下であれば何回でも現金を借りることができます。

クレジットカードを使って、範囲内での現金を借り入れることができるというシステムですが、返金するときには、クレジットカード会社が定める金利を上乗せします。

利息の金利が年率換算で18%の場合、10万円キャッシングして10日後に一括返済すると、10万493円の返済ということになります。

クレジットカードの利用限度額とキャッシング可能額は必ずしも同じではなく多くの場合、キャッシングの利用限度額はクレジットカードの金額ほど高くありません。

クレジットカードの利用明細が届く時に、限度額や金利も書かれていますので、チェックし、キャッシングの利率はクレジットカード会社ごとに違っていますので、利用前に必ず確認して内容を把握しておくことが大事です。

クレジットカードのキャッシングは大きなお金を長く借りるより、少額のお金を短期間借りる方が向いているので利用目的によって使い分けるようにしましょう。

クレジットカードでキャッシングする時の注意点とは

クレジットカードでキャッシングする時の注意点についてですが、クレジットカードを持っている人が最近増えており、買い物などに便利なものとして広く普及しています。

クレジットカードは、商品を購入する時だけでなく、キャッシングにも活用されていますが、クレジットカードを利用してキャッシングをする場合、クレジットカードに設定されているキャッシングの限度額が用いられます。

キャッシングの手続きをする度に貸付条件を決定するのではなく、クレジットカード発行時点でキャッシングの条件も決まっています。

クレジットカードでキャッシングを行う場合には注意しなければならないことがありますが、一般的にはキャッシングを行ってもきちんと返済をすれば審査の際に問題はありません。

クレジットカードにおいてキャッシングはあくまでも2次的なものですが、カード会社としてはあまり取り入れたくないサービスで、そのため毎回きちんと返済をしていても、クレジットカードをキャッシングに使いすぎるとチェックされます。

今後、別のカード会社でクレジットカードを発行してもらおうとすると、審査でマイナス査定されることがありますので、日常的にクレジットカードでキャッシング融資を受けるのではなく、それ以外に手段がないという時だけ使うようにするといいでしょう。

便利なクレジットカードのキャッシング機能ですが、注意して利用するようにしましょう。

スポンサーリンク