タバコを止めたい!タバコを止められない理由とは?

スポンサーリンク




タバコを止めたほうがいいと思いつつ

家族や友人、会社の同僚などの身近な人にヘビースモーカーがいて、肺がんや心臓病などで亡くなってしまうと、急に怖くなってしまうもので、次は自分かも知れないのでやめたほうがいいとは思いつつ、禁煙が続かなくて悩んでいる方は少なくないでしょう。

意志が弱すぎて情けないと、自己嫌悪に陥ってしまう人もあるでしょうが、タバコをやめられないのには理由があるので、まずはそれを知っておくことが大切です。

タバコを止められない理由とは

やめたほうがいいのは分かっているが、タバコをやめられない理由は、ニコチンの影響による身体的依存と、長年の習慣による心理的依存によるものです。

長期で吸ってきた人ほどやめにくいので、何度も禁煙に失敗する人が多いですが、今は禁煙治療に健康保険が適用されるので、自力でやめられない人は相談に行くようにしましょう。

タバコを止められない理由の1つめはニコチン依存

タバコをやめられない理由の1つめはニコチン依存ですが、脳が快楽を覚えてしまい、吸いたい欲求が止まらなくなるのが原因です。

喫煙すると、ニコチンが脳にあるニコチン受容体に結合し、ドーパミンという快感を生じさせる物質を大量に放出しますので、それにより喫煙者は快感を味わえるので、気持ちが落ち着いたり、安心することが出来ます。

ニコチンによる効果は30分ほどしか続かないので、切れると気持ちが落ち着かなくなりますし、イライラするなどの離脱症状(禁断症状)が起こります。

離脱症状から逃れようとして、また喫煙してしまうので、気付いたときにはニコチン依存症になっていますが、依存症になると、薬物をやめるのと変わらぬほどやめるのが難しくなるので、禁煙に何度も失敗してしまうのは、意志の強さには関係なく、仕方がないことだといえます。

タバコを止められない理由の2つめは、長年の習慣による心理的依存

タバコをやめられない理由の2つめは、長年の習慣による心理的依存によるものですが、起床時やトイレ中、電話をかけるとき、駅での待ち時間、仕事や考え事をするとき、気持ちを落ち着けたいときなどに喫煙する習慣があった場合、別に吸いたくなくても、条件反射的に行動してしまいます。

また、食後やコーヒーの後、飲み会などで飲食とセットで喫煙する方も少なくありませんが、長年このような習慣を続けていると、脳と体が条件反射的に結びつき、気付いたときにはタバコに火をつけているので、禁煙したいと思っていてもやめにくくなります。

いきなり完全に吸うのをやめようとすると、禁煙に失敗しやすいので注意が必要ですが、まずは習慣を改めなければならないので、完全に吸わないのではなく、一定時間だけ我慢するようにしてください。

最初は30分や1時間から始めて、徐々に吸わない時間を延ばしていくのがおすすめです。

目標を定めて禁煙を成功させよう

目標を定めると成功しやすいですし、一定時間だけでも禁煙できた事実を脳が意識するようになるのと、少しずつ喫煙しなくても我慢できるようになります。

そのうちに24時間吸わなくても平気になりますし、それが3日、1週間と延びていくので、やがてはタバコなしでも生活できるようになるでしょう。

スポンサーリンク