上手に転職して年収アップをさせる方法とは?

スポンサーリンク




戦略を練って上手に転職しよう

今の会社で一生懸命働いても給料がアップしないようなら、早めに転職を考えるのがおすすめですが、しかし、戦略が曖昧な状態で転職をすれば、以前勤めていた会社よりも給料がダウンしてしまう危険をはらんでいます。

失敗を防ぐためには、戦略を練って上手に転職する方法を見つけだすのが重要で、上手に転職できれば、年収アップを狙えます。

求人情報に掲載されている給料の部分ばかりに気を取られがちですが、それよりも先に採用担当者の考えを理解することが戦略では重要になってきます。

採用担当者が見ているのはここだ

採用担当者が見ているのは、前職の給料と年齢別の給料、業績の3つを主に考えて給料を決定していて、これらのいずれかをベースにしている採用担当者もいますし、複数を組み合わせて総合的に判断している採用担当者もいます。

前職の給料をベースにする考え方は、前職と自社の同じランクにある社員の給料を比較して決定する方法が多めですが、同じランクであるのに自社の社員よりも高い給料に設定すれば、社員から不満が出てくるためです。

このタイプの採用担当者がいる会社に転職する場合は、前職の経験や立場を積極的にアピールすれば、年収アップする確率を高められます。

年齢別の給料の考え方は、会社にとって戦力になる年齢のレベルである人ほど給料が上がりやすい仕組みになっていて、今の時代だと年齢だけが年収アップの条件になっている会社は少なめですが、ベースに年齢を置いて前職の経験やスキルなどの部分も確認し、最終的に給料が決定する方法が見られます。

成果主義の会社は、年収予想が難しい

前職の会社が年齢別の給料について水準を低めに設定しているなら、この手の会社に転職すると年収が高くなるといえます。

成果主義の会社だと、能力が高い人ほど年収が大幅にアップしますので、能力に自信がある人には魅力的な転職先だといえますが、逆に実績を残せなければ大きく年収がダウンする危険があるため、予想が難しいタイプです。

また、成果主義の会社だと転職直後はその会社においてまだ実績がない状態ですので、給料が低く調整されるパターンが多めです。

リスクの高い転職先であることを十分に理解してから決めるのがおすすめです。

転職先のリサーチを十分することが重要

以上のような給料の考え方を踏まえながら、転職活動を行い、転職希望の職種について、リサーチをすることが重要です。

その職種が活躍する業界の相場を確認すれば、理不尽に給料が安い会社に転職するリスクを回避できてまた、業界の相場を知らずに、前職よりも相場の低い職場に転職する失敗を防げるメリットも、リサーチにはあります。

リサーチ方法として、インターネットで公開されている情報だけでは不十分な部分がありますので、周囲に業界について詳しい人がいるなら、積極的に聞いてみることが大事です。

そのような人がいなければ、転職エージェントを利用するのがおすすめで、転職エージェントに登録すると、担当者がつき、理想的な転職先の紹介や面接のサポート、給料の交渉などをしてくれるため、上手に転職ができるでしょう。

スポンサーリンク