人前で声が震えてしまうのを克服する方法とは?

スポンサーリンク




あがり症は自然に克服できる

人前で話すときに極度な緊張を感じてしまうような状態は、いわゆる「あがり症」というものですが、たとえば、学生時代に解答を求められて指名されたときに、クラス中の注目が集まったことに緊張してしまい上手くしゃべることができなくなってしまった経験がある人は少なくないでしょう。

しかし、中にはその状況をチャンスと捉え、自身へ注目が集まっている状況を活用しようとする人もいますが、学生時代にはそういった状況が苦手だと感じていたとしても、成長するにつれて克服できてしまうことが多いですので、程度の違いはあるにしても、多くの人は人前で自分の考えを話すことに極端な抵抗を感じることはなくなります。

まったく緊張せずに対応することができるとは限らないとしても、「何となく」乗り越えられる程度の状態にはなります。
しかし、いつになっても状況が改善されないこともあります。

あがり症になってしまった原因を探ろう

あがり症になってしまう原因はひとつではありませんが、さまざまな要因が組み合わさった症状が出てしまっている可能性が多く、どれかひとつの問題だけを解決しようとしてもそれほど意味がありません。

症状を改善するための方法として、特によく用いられるものは「カウンセリング」がありますが、専門のカウンセラーなどに従って症状を引き起こしている原因を解決することを目指していきます。

あがり症の症状が出る状況には規則性があることも少なくありませんが、「不特定多数の人の前で話すときに症状が出る」という人もいれば、「社内会議の場でだけ症状が出る」といった人もいます。

これは、あがり症の症状を引き起こしている要因の違いによるものであり、そういった違いが顕著に出る場合は比較的改善しやすい状態だと考えても良いでしょう。

原因が特定できたら改善を目指そう

専門のカウンセラーは、症状の原因となるトラウマやコンプレックスに対してアプローチすることで改善を目指していきますが、あがり症となるのは、たとえば「過去に集団の前で恥ずかしい思いをした」といった経験をしたことがある場合が多いですので、たとえば、冒頭で挙げたような状況で、「見当違いな解答をして笑われてしまった」というような経験が引き金になっている可能性があるということです。

その原因が明らかに自覚できている場合は、その時のストレスを改善するためのアプローチによって症状を改善することを目指していきますが、具体的な手法はそれぞれで異なりますが、要は「自信を回復させる」ということが目的ですので、「大丈夫」という自信を持つことができるようになれば、集団の前に立っても極端な緊張をすることがなくなり、すると、その時の経験が更なる自信につながっていき、徐々に症状がなくなっていくという流れで完治を目指していきます。

必ずしもこのようなアプローチでのみ改善を目指すわけではないものの、方法さえ理解できていれば自分自身で改善に向けてアプローチすることもできますので、いわゆる「自己暗示」による改善の可能性もあるので、まずは挑戦してみると良いでしょう。

スポンサーリンク