人前で緊張せずに、うまく話すためのコツとは?

スポンサーリンク




人と目を合わせないようにするといい

人前で緊張せずに、うまく話すための簡単なコツとしては人と目を合わせないようにするといいでしょう。

資料があるような時は資料を見ると自分を見つめる人はいなくなり、人目がなくなると安心して話をすることが出来るようになるので、かなり効果的です。

同様に外を雨ですがというような話をしてそれとなく人の意識が自分から外れるようにするのもいいでしょう。

全員の視線がなくなるということにはなりませんが、一部の人の意識が外に向くことが分かるので、これで安心して話をすることが出来るようになります。

全ての人の意識が自分に向かってきている

人前で緊張するという人の多くが全ての人の意識が自分に向かってきているという意識を持ってしまうことが原因となることが多いと考えられます。

人前でなければ緊張しないわけですから人の意識や目線が気になるわけで、これを少しでも自分から逸らすようにすればいいわけです。

笑顔で見ていてくれる人を見つけよう

また、自分に好意的に見てくれる人を探すというのもいいでしょう。

笑顔で見ていてくれる人を見つけると安心することが出来ますので、後はその人に向かって話を続けていくことで緊張感が解れていくことが期待出来ます。

反対に怒っているような感じの人を見つめていると余計に緊張することもあるのでこれは避けるようにしましょう。

人前に出る前の段階で笑顔の人を探しておくということをしてもいいでしょう。

子供がいるような場であれば、ニコニコしている子供に向かって話をするような感じにし、そうすると場のイメージもよくなります。

話にメリハリを付けよう

少し余裕があれば、話にメリハリを付けるということを考えてもいいでしょう。

話が同じ調子で続くとどうしても人は飽きるということがありますから、メリハリをつけることで飽きさせないことも出来るようになります。

メリハリをつけるという意識を自分が持つことで、自分の意識も話の方に行くので人前であるという意識が薄れる効果も期待出来ます。

人前で話しているという意識が完全になくなることは難しいですが、それをあまり意識しないようにすることが出来るようになります。

話に強弱をつけることで、ここが聞きどころですよという感じを出していくことで、自分が主導して話をしていくことが出来るようになっていきます。

本番を想定してシュミレーションも何度もやろう

シュミレーションも何度もやるといいでしょう。

本番を想定して自分の中で人前で話すイメージをしながらシュミレーションをします。

何度もしているとそのうち慣れてきますから、本番でも同じように話すことが出来るようになり、同じ話をするのであっても練習を繰り返した話と、初めて話をする話とでは全く違います。

慣れているとかんだりしてもすぐに話を元に戻すことが出来ますが、慣れていないとかんだりした失敗が気になって話に集中できないということがよくあります。

緊張すると普段できていることがなかなか出来なくなりますが、何度も同じことを繰り返していると、失敗してもすぐに立ち直って話をつづけることが出来るようになります。

スポンサーリンク