体脂肪が燃焼する仕組みと燃焼させる方法とは?

スポンサーリンク




体脂肪を燃焼させよう

体脂肪を燃焼させれば痩せることができますが、とにかく痩せたいと日々ダイエットに励んでいる人は大勢います。

ダイエットを成功させる最大のポイントは、体についた余分な脂肪を落とすことですが、ダイエットをうまくやり遂げるには、脂肪を燃焼させる方法を見つけることです。

体脂肪は、人間であれば誰しもある程度は有していますが、体を動かす時や体温を保つためのエネルギー源として体脂肪は蓄積されていて、何らかの理由で食事から取り入れることができるエネルギー量が少ない時などは、脂肪を燃焼させてエネルギーにします。

ある意味、脂肪は体にとって必要なものでもありますが、普段の食事から摂取しているエネルギーが、運動などで消費するエネルギーよりも多くなると、体脂肪は燃焼しなくなり、余分な体脂肪が付くことになってしまい、多くの人の太る原因とされています。

体脂肪を燃焼させたい場合、すべきことは、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすかですが、この二つが体脂肪を燃焼させるためには欠かせませんが、運動だけ、あるいは食事を減らすだけで脂肪を燃焼させるのは大変です。

体脂肪を燃焼させることができなければ、ダイエットはうまくいくものではありませんが、まずはどうしたら効率よく体脂肪を燃焼させることができるのか、よく理解する事が大切です。

体脂肪が燃焼する仕組みとは

体脂肪が燃焼する仕組みは、運動などで体温が上昇することから始まりますが、体温の上昇により血糖値が下がり、下がった血糖値を安定させようと、グルカゴンという成分が分泌されます。

脂肪分解酵素であるリパーゼの活動が活発になり、体脂肪はグリセリンと脂肪酸になりますが、血液に脂肪酸が溶けこむことによって、エネルギーが消費されやすくなります。

血液に溶けこんだ脂肪酸は体のさまざまな場所にある筋肉に届けられ、筋肉を動かすためのエネルギー源として燃焼され、体脂肪が燃焼する仕組みの中でのポイントは、体温の上昇と血糖値の低下にあります。

運動などで体温を上げたり、おなかをすかして、血糖値を下げることで体脂肪が燃焼する仕組みとなっていますが、体脂肪1kgを燃焼させるのに、約7千キロカロリーのエネルギーが必要と言われています。

つまり、7000kcal分の食事をいつもより減らしたり、7000kcal分だけ体を動かせば、ダイエットができるという理屈になるわけですが、体脂肪が期待通りに燃焼され、実際に痩せたと体感できるようになるまでには、時間がかかると言われています。

短い期間でダイエットを成功させるには、効果的な方法で体脂肪を燃焼させることが大事ですが、健康を害さない為にも、無理せずゆっくりと体脂肪を燃焼できるようにダイエットを実践することが大切です。

体脂肪を燃焼させる方法とは

体脂肪を1kg燃焼させるには、だいたい7,000~9,000キロカロリーが必要と言われていますが、運動をして7,000キロカロリー分消費するか、食事制限によって7,000キロカロリー分、食べる量を減らすことで、痩せることが期待できます。

とはいえ、食事を減らすか運動家の、どちらかだけで体脂肪の燃焼を促進させることは大変ですので、適度な運動をして、体脂肪の燃焼を促進させることがまず重要です。

運動と並行して、栄養の偏りのない食生活を心がけ、カロリーの取りすぎを控えることが、ダイエットでは重要なところですが、イメージとしては、1か月あたりの運動量を3000キロカロリー分増やし、運動と併せて、食事を4000キロカロリー分減らすことができれば、1ヶ月で1kgの体脂肪を減らすことができる計算になります。

特に効果的に体脂肪を燃焼させるには、運動することがとても重要なポイントですが、毎日、200kcal分は運動によって、エネルギーを消費するような生活習慣にすることで、体脂肪の燃焼効率がアップします。

ウォーキングを、分速100メートル程度の速さで30分から40分行うことによって、200kcalを消費できるそうですが、体脂肪の燃焼を運動によって行う場合、どれだけの時間運動を続けてたも大事です。

短くても30分は続けるようにして、60%ぐらいの力で十分なので、無理せず最低でも週に2~3回は体を動かすと体脂肪が燃焼しやすくなります。

スポンサーリンク