健康をもたらす、笑いの素晴らしい効果を知ろう!

スポンサーリンク




笑いが病気の治療や予防に効果あることが実証された

笑いが健康に良いことが実証されてきていますが、病気の治療や予防に効果がでることがわかってきたのです。

私達の体に入ってくるウイルスなど、体に悪い影響をあたえる物質をやっつけてくれるのがナチュラルキラー細胞ですが、このナチュラルキラー細胞が活発だとがんや感染症になりにくいのです。

さまざまな病気の治療や予防に効果がある

そんな、ナチュラルキラー細胞は笑うことで活性化することがわかっており、ナチュラルキラー細胞が活性化すると免疫力が高まり、がん細胞を破壊してくれて、がんになることを抑制してくれます。

そのほかにも、たくさんの良い効果があることがわかっていて、笑うことにより脳の血流がよくなり、脳の働きが活性化し、そのことによって記憶力が上がります。

そして、脳にセロトニンやエンドルフィンがたくさん分泌されるとストレスが軽減されてリラックス効果があり、幸せホルモンや癒しホルモンなどとも呼ばれて心を穏やかにしてくれるホルモンなので、エンドルフィンは鎮静作用で痛みを軽減する効果があります。

そして、がんだけではなくて、糖尿病を予防する効果もあり、食後の血糖値の上昇をおさえることができたとういうことが証明されました。

そして、リウマチを悪化させる物質の値がさがること、心臓病の心拍数や血圧が上がるのを抑えてくれる効果があることがわかっており、このようにたくさんの病気を予防、改善することができるのです。

笑いがダイエットにも効果がある

そして、笑うと、血の巡りがよくなって血行がよくなり新陳代謝があがりますが、新陳代謝がよくなると基礎代謝があがり太りにくい体になっていきますので、ダイエットにもよいのです。

基礎代謝が上がると普段の消費カロリーもかわってきますが、笑うのはカロリーをかなり消費しますので、そのことでもダイエットに良く、さらにお腹に力がはりりますので、お腹の筋肉をきたえることができるのです。

たくさん笑いすぎてお腹が痛くなった経験がある人もたくさんいるのではないでしょうか、そのようにお腹の筋肉がきたえられ、ダイエットにもよいなんて素敵ですよね。

笑うことは作り笑顔でもいいんです

笑うことが大事なのはわかっていただけたでしょうか、逆に悲しいことがあったり、ストレスを感じると免疫細胞の働きが弱くなってしまい、病気に対抗する力が弱まってしまいます。

笑うことは本気で笑わなくても大丈夫ということもわかっていますので、作り笑顔をしていただけでも免疫細胞が活性化するということが実証されています。

常に笑顔で過ごすことを心がけよう

笑顔はこのように自分の体のためにもとても良く、そして周りの人も笑顔の人と接することで幸せな気分になり、笑顔や笑いは伝染するとも言われていますので、みんなで笑顔を心がけ、楽しく過ごすことで、何倍にもすばらしい結果をもたらすことができます。

周りの人みんなを健康にすることにもつながってくるのですので、常に笑顔で過ごすことを心がけて、みんなで健康でストレスの少ない生活になるようにしていきましょう。

スポンサーリンク