加齢臭防止のサプリメント活用法とは?

スポンサーリンク




加齢臭防止のサプリメント

サプリメントを飲んで、加齢臭のにおいを抑制するという方法がありますが、年配の男性が発するものであり、自分は加齢臭とは縁遠いと思い込んでいる人は多いと思います。

実際は女性にも起こりますし、30代などまだ十分若い人でも起こる事がありますが、加齢臭の原因物質は皮膚で作られています。

ノナネールという物質が皮膚でできることが加齢臭の要因ですが、ヘキサデセン酸という物質が皮膚にはあり、これが分解されてノナネールができます。

加齢臭を減らすには、皮脂の分泌を少なくして臭いの原因物質を減らすことがまず第一ですが、サプリメントで加齢臭を抑制する場合、加齢臭の源になる物質を出さないようにするものと、加齢臭の臭いを減らすものとの2種類に大別されます。

加齢臭を直接的に抑えるサプリメントというのは、飲めば加齢臭だけではなく汗や便の匂いまで抑えて、バラなど他の香りに変えてしまうタイプのものです。

ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチンのサプリメントは、加齢臭の原因となる物質の分泌を抑制する効果があるというものです。

このサプリメントは、酸化を食い止める成分が使われますが、加齢臭が気になる人は、サプリメントで加齢臭の原因物質を減らしたり、酸化によって臭いが出ないようにするといいでしょう。

加齢臭を抑えたい時にはサプリメントが便利

加齢臭を抑制する成分が配合されたサプリメントを摂取して、臭いを減らすという方法がありますが、加齢臭が気にならなくなる栄養素を効率的に補給するために、サプリメントを使ってみてください。

体内で働いて、汗や排泄物などの匂いをバラの香りや、ほとんど匂いがしないようにしてくれますが、加齢臭を抑制するというサプリメントは、様々なものがあります。

タンニンのサプリメントや、ローズエキスのサプリメント、酵母菌などですが、におい対策のサプリメントには、体内に摂取する消臭に有効な成分が使われています。

サプリメントによっては、臭いを消すだけでなく、いい臭いをつけ加えたりしていますが、パラから抽出したオイルを使うサプリメントなどがそうです。

汗やおしっこにもバラの香りがするようになるというサプリメントで、主な顧客層は女性を想定しているようですが、狭い場所やエレベーターでの自分の臭いが気になるという人や、トイレでの臭いを消したいという人から関心があります。

加齢臭は、男性の専売特許のように言われる事が多いのですが、女性も40代以上になると加齢臭が発生する可能性があり、皮脂に含まれているヘキサデセン酸が加齢臭の原因物質で40代以降に増えます。

ノネナールという物質がヘキサデセン酸から作られることで、加齢臭になりますが、加齢臭を目立たなくするためには、臭いに対抗できるサプリメントがおすすめです。

加齢臭が気になる方はサプリメントがおすすめ

加齢臭の気にならない体になるために、サプリメントの効果を上手に引き出していきましょう。

加齢臭の原因は、皮脂に含まれるヘキサデセン酸が分解される時に発生する体臭になりますが、加齢臭のない状態にするには、皮脂を減らす必要があるわけです。

臭いを減らすには、皮脂の分泌を抑制する成分をサプリメントで補充しましょう。

αリボ酸、ポリフェノール、コエンザイムQ10、アスタキサンチン、βカロチンなど抗酸化力の強いものがよく、ビタミンCやビタミンEも活用されています。

脂肪酸が分泌しすぎないように抑制したり、活性酸素を減らして酸化を食い止めることで、加齢臭対策ができるようになります。

サプリメントで加齢臭に対する対策を講じるなら、脂質の酸化を止める作用があるというコエンザイムQ10が特に良いとされています。

コエンザイムQ10が体内にあればあるほど、加齢臭の原因成分であるノネナールは発生しにくくなります。

体の内で常につくられているコエンザイムQ10ですが、年を取ると体内の量はだんだんと少なくなりますので、コエンザイムQ10のサプリメントを活用することで、加齢臭の発生源となるノナネールを減らしておくことが可能です。

サプリメントで体内の臭い成分をカットすることによって、加齢臭を減らし、独特な臭いを感じにくくなれるでしょう。

スポンサーリンク