医療や福祉の仕事をしたいけど仕事内容と役立つ資格とは?

スポンサーリンク




福祉の仕事とは

福祉の仕事はこれから社会に出て働く新卒の学生やハローワークなどで再就職先を探している求職中の人の中にはたくさんあり、目につくこともよくあると思います。

老人ホームのヘルパーや介護職員を募集している会社は多いようですが、求人倍率が高い状態で推移していると言われつつも、福祉の仕事は常に人手不足のようです。

多くの求人が出ている福祉の仕事ですが、ハードな仕事内容に比して、待遇はよくないという印象があり、人材の雇用が思うように進まない仕事でもあります。

今は世界的にみても不景気の時代ですし、日本では少子高齢化も問題になっていますので、実際つきたい仕事があっても希望通りの業種に就職できることはなかなか難しいと言われています。

就職難の中にあっても、福祉にかかわる仕事は、今後もどんどん需要が増えてくることは確実ですが、誰かの助けになる仕事をしたいと考えている人にっては、福祉の仕事は相性ぴったりの職業であるといえるでしょう。

福祉の仕事には色々あり、介護士、ヘルパー、ケースワーカー、看護師など様々な仕事が該当していますが、福祉の仕事にはどのような職業があるのか、興味がある人は色々と情報収集をするのもいいでしょう。

福祉の仕事はパートやアルバイトでの募集もよくあるので、短い時間で働く仕事としても十分に活用できます。

福祉の仕事の役に立つ資格とは

就職先を見つけるに当たり、医療や福祉の仕事をしたいけれど、資格が無いために就職に不利になっているという事もよくありますが、特に医師や看護師は資格が無いとできない仕事です。

将来的に医療関係の分野に行きたいという人は、それらを学ぶための学校に行き、資格を取るための国家試験を受ける必要があり、看護師や医師の資格を持っている人はごく一握りですので、資格を持っていれば就職に有利という利点もあります。

福祉の仕事でも、ヘルパー資格や介護士資格を取得していれば、就職先探しが容易になるという利点がありますが、福祉関係の仕事に就きたい場合には、ホームヘルパー2級の資格があれば、比較的誰でも簡単に取ることができると言われていますので、興味のある人はぜひチャレンジしてみるのもいいでしょう。

最近では通信講座などでも、ホームヘルパーをはじめとする福祉に関する資格が学べるので、実際の利用者も増えているようですが、資格だけでなく、実務経験があることが、医療や福祉の仕事探しに有利に働くこともあります。

求人条件をチェックしておくことが大事で、実務の経験があることが、福祉の仕事の採用条件になっていることもありますので、福祉の仕事に興味のある人は、資格取得の条件なども合わせてよく確認する必要があります。

介護の仕事内容とは

介護の仕事を希望する人が最近増加していますが、実際の仕事内容というのはどのようなものなのでしょうか。

介護の仕事は一言でいえば利用者の生活の援助をするというものですが、援助をするといっても日常生活のすべてを行えば良いという訳ではありません。

本人が可能そうなことは自分で行えるようにサポートし、無理なところだけを適切に手助けすることが、介護の仕事には求められ、手助けをしすぎると介護しすぎになってしまいますので、一人一人の利用者によって、どこまでの介護が必要なのかを十分に検討することです。

介護の仕事には、どういったものがあるでしょうか、最もよくあるものが食事の介護ですが、自力で食事ができない人に食べさせたり、食事に付き添ったりします。

歩行介助も介護の仕事のひとつですが、車いすを押すこともありますし、排泄介助もかなり重要な介護の仕事で見守りからトイレの介助、オムツ交換までさまざまです。

入浴のお手伝いをする入浴介助という仕事もあり、朝起きたときや寝る前の着替えの介助もし、レクリエーションを、利用者個々のできることや必要なことに合わせて参加してもらったりします。

生活面の介助だけでなく、介護の仕事ではメンタル面でのケアを継続的に行うことも重要視されていますので、相手の話をじっと聞いたり、悩みごとに乗ってあげたり、元気になる言葉をかけることも大事な仕事です。

他にも介護の仕事にはさまざまなものがありますので、働く前によく学んでおくことが大切です。

訪問介護の仕事とは

介護の仕事のひとつに訪問介護というものがあるのをご存じでしょうか。

訪問介護は利用者の自宅で行う身体介護で自立生活のための支援ですが、仕事をするのは利用者の家庭で、洗い物、料理の仕度、必要物資の買い込み、掃除や洗濯など生活する上で必要なことや、病院への付き添い、入浴介助などです。

日ごろ、自分の家でも掃除や洗濯はやっている人が大半でしょうが、自分の家とはやり方が違いますので自己流にはできません。

介護される側の希望を汲みながら手助けをすることで、原則として訪問先の家庭にある器具や道具しか使えないので、臨機応変にどんな仕事でもできる能力求められ、依頼者にとってベストな生活スタイルがあるので自分勝手にはできないということです。

物を捨てたり置き場所を変えたりする場合には利用者が納得したうえで行わなければなりませんので、相手の様子を見守り、必要な気配りを行い、求められた仕事をすることが訪問介護の仕事です。

訪問介護の仕事は、1~2時間ほどの時間が大半ですが、制限時間内に求められた仕事をすることが要求されていますので限られた時間を最大限に活用することが、訪問介護の仕事では必要です。

また、相手の希望を読み取ることも大事なことですので、何気ない会話の中から本人が望んでいることを分ってあげられることも重要な訪問介護の仕事のひとつなのです。

スポンサーリンク