周囲から好かれる人なるには?

スポンサーリンク




周囲から好かれる人とは

職場などで周囲にいる仕事仲間の中には周囲から好かれる人が一人はいるかと思いますが、そのような方の場合には、職場だけでなく私生活においても交友関係が広い傾向もあります。

実際に自分の周囲でもそのような人物がいたので、観察してみた時期がありますが、その人の場合には、基本的に周囲の雰囲気に合わせること、そして周囲にいる人間関係が乱れないように気遣うということが多く、あまり身勝手な発言をすることはありませんし、コミュニケーション能力が高いため、周囲を盛り上げることには長けている印象でした。

周囲から好かれる人物の特徴とは

このように好かれる人物の特徴としては、周囲を不快にさせず場を盛り上げる、そして人間関係に対して非常に気を使うというという点で、逆に考えてみればわかりやすいかもしれませんが、好かれない人というのは、自分を中心として周囲のことを考えない傾向もあります。

そのため、周囲としてもコミュニケーションを取りにくく、また、会話をしても本人を中心とした自慢話や周囲に対しての批判や悪口などが多いこともあり、周囲も最終的には、その人物から離れていく傾向があり、そのため、その逆をすることで、それなりに周囲からの好感度も上がる可能性はあります。

自分が、人気者とまではいかなくても、周囲から好かれる人を目指すというならば、周囲をしっかりと気遣うということ、そして悪口など批判的な発言を控え、極力周囲が不快にならないように考えて発言をするということも大切です。

人によっては、しゃべるのが苦手ということもありますが、コミュニケーション能力が低いことで、周囲とのコミュニケーションが取りにくいという場合でも、好かれるということは別問題ですので、基本的にコミュニケーションをそれほど取らない方であっても、行動で示すことにより、周囲の好感度を上げることはできます。

周囲からの信頼を勝ち取り信頼のおける人物を目指そう

特に職場などでは、仕事などでトラブルとなることもありますが、このような状況の時に周囲をかばい、トラブルにしっかりと対処している、責任逃れをしないという方は、周囲からの信頼を勝ち取ることができ、信頼のおける人物だとわかれば、特に面白い話ができない、コミュニケーションが苦手という方であっても周囲にいる方達が集まってくることでしょう。

好かれるということは、何もコミュニケーションができなくても問題はありません。

そして、大切なことは好かれようと思って行動するのではなく、自然と周囲に対して接するということも重要で、好かれるために行動しようとするとかえって、周囲からは見透かされてしまうこともあり逆に周囲からの好感度が下がってしまうこともありますので、あまり過度に意識せず接することや周囲を気遣う場合もいやみにならない程度に自然な態度を取ることが大切です。

好かれる人は、自分が好かれようと意識して行動をあまりしないため、だからこそ周囲から好かれ、親しまれる人物としてその人を中心に人が集まるということでもあります。

スポンサーリンク