外食するより断然節約できる自炊のコツとは?

スポンサーリンク




一人暮らしでは自炊したほうが断然節約可能

一人暮らしでは自炊したほうが断然節約可能で身体にも良いですし、近年は電子レンジや炊飯器を使って手間なく料理する方法も編み出されてきました。

手軽でリーズナブル、そして美味しいと三拍子そろった食事を用意できますので、自炊のコツについて見ていきましょう。

味に拘って時間を掛けすぎないこと

自炊のコツは味に拘って時間を掛けすぎないことですが、マメな人ならまだしも、仕事や学業をしながら、しっかりと食事を準備するのは大変です。

完璧を目指さず、最低限の負担で、それなりの成果を出す効率の良い方法を考えるのがオススメですが、あまりしっかりと作っていると、後が続かない可能性が高いですから、無理せず、出来る範囲でやっていきましょう。

上手な買い出しを行うのがベスト

まず、自炊で節約するには、上手な買い出しを行うのがベストですが、これは、インターネットと実店舗を駆使するといいでしょう。

インターネットでは、業務用パスタや米、そばなどの長期保存が出来る食品を、安く購入することが可能ですので、ストック出来る食品で安いものは何かと便利なので、まとめて買っておくといいでしょう。

実店舗はタイムセールの時間を覚えて、その時間に買い出しをするようにし、加えてクリスマスやお中元、正月商戦の後には、過剰在庫が半額で売り出されたりしますから、そう言ったタイミングを狙うのもテクニックです。

調味料にも気を配りましょう

準備するのは食材だけに限らず、調味料にも気を配り、醤油や砂糖と言った基本的なものは勿論、揃えたほうがいいです。

コレに加えて、ガーリックパウダーや、粉末トリガラなどを必要な範囲で用意して、ガーリックパウダーはにんにくを炒めるよりも短時間で料理に風味を付けられますし、トリガラなどの粉末スープの元シリーズは、チャーハンでもラーメンでも塩焼きそばでも、アレンジがしやすいので便利です。

アレンジ料理にインスタント食品活用も

また、自炊というにはズボラなイメージもありますが、インスタント食品もあると便利で、一品追加したい時にも使えますし、アレンジ料理にするのも悪くありません。

保存も利くので、廉価で売り出されている時にはストックしておくのも良いでしょう。

レンジや炊飯器をうまく活用しよう

次は、調理についてですが、一人暮らしでは毎度、フライパンをいくつも使ったりするのは後片付けも大変ですが、この為、レンジや炊飯器を駆使するのが便利です。

そばを茹でながら、具材はレンジで温めたりすれば、かなり手軽で、しかも、具材によってはレンジで温めた方が美味しく仕上がる場合もあります。

炊飯器では炊き込みご飯を作ると短時間で栄養バランスがよく、美味しい食事が作れ、他にもスープも作れますし、より手軽に作れるレシピも多く公開されているので、ネットなどで調べながら作るといいでしょう。

自炊のコツを見極めて節約しよう

一人暮らしでの自炊を支える、色々なアイテムもありますが、下手に手を出すと節約になりませんので、必要なものをきっちりと見極めて入手するようにしましょう。

例えばパスタポットでは、大量のお湯が必要などのデメリットもありますので、自分にとって必要で、且つ、使いやすいものを見極めることが大切でしょう。

スポンサーリンク