多汗症を治す!多汗症のさまざまな治療方法とは?

スポンサーリンク




多汗症の治療方法について

たくさん汗をかく多汗症を気に病む人が多いですが、治療手段は存在しているのでしょうか。

多汗症は、人々にそれほど理解されてはいないようですが、多汗症は、当人にとっては日常生活が難しくなるくらいのつらい悩みです。

多汗症は治らないと思っている人も多いようですが、原因を突き止めて正しい治療を続ければ治らないものではありません。

汗とは汗腺から分泌される物質のことですが、エクリン腺という汗腺から分泌されるのが多汗症の汗ですが、全身に起こるものを全身性多汗症、脇の下や手のひらなどに起こるものが局所性多汗症です。

どんな仕組みで多汗症になるかは解明されていませんが、心のあり方か関わっているのではないかといいます。

多汗症は精神のあり方に加えて色々な要素が複合した結果、発汗という形になって表出しているようですが、どのような場合でも、自分の多汗症がどういった症状なのかを観察し、適切な治療をすることが大事だといいます。

ストレスや緊張、内臓的な疾患、ホルモンバランスの崩れ、更年期、遺伝、食生活や肥満などが主な原因だと考えられていますが、多汗症の症状がとこから起きているか、日ごろの生活内容や食事を振り返ってみてください。

生活を見直した上で専門医に相談し適切な治療を受ける事が、多汗症を治すために大切な事ではないでしょうか。

自宅で出来る多汗症の治療方法とは

治療によって多汗症の症状を改善することができるならやりたいという人は多いですが、治療は可能なのでしょうか。

よく知られているのは、手術で多汗症を治療するというものですが、自然塩浴や冷水浴びで、多汗症が改善したという方もいます。

副作用の心配もなく、手術のように費用がかさむこともありませんし、手軽にできる多汗症対策といえますが、自然塩はミネラル成分がたくさん含まれている塩で、スーパーに行けば1キロ300円ほどで販売されています。

自然塩浴では、水に溶かし海水程度に調節した自然塩か、自然塩そのものを体に塗るというやり方を用て行うというものです。

ぬる時間や濃度などはお好みになりますが、湯船に汗ばむくらいにゆっくりとつかり、ほどよく体が温まったら、塩水や自然塩を体によくすり込みます。

全身に塩をつけたら、シャワーでその塩を流し、その後また風呂に入り、体を十分に温めてから、仕上げに冷水シャワーを行い、この間、石けんやシャンプーは使いません。

多汗症治療としては非常に簡単なものですが、注意事項としては、一時的に湿疹や吹き出物が出ることがあるということです。

これは自然塩による好転反応で、毒素を排出する効果が強いために起きるといいますが、続けていると段々と症状は改善していきます。

多汗症に悩んでいる人は自然塩浴と冷水浴びという治療方法を一度試してみてはいかがでしょうか。

手術による多汗症の治療法とは

手術で多汗症を治療した人は少なくないようですが、多汗症の症状を和らげるために手を変え品を変え取り組んできたけれど結果が出ないという時は、手術で治療をするのもいいでしょう。

多汗症の治療を目的とした手術には色々なやり方がありますが、最もよく知られるのがボトックス注射で筋肉や神経の伝達をブロックするボツリヌス菌という医薬品を使用して交感神経をブロックし汗腺の動きを抑えるというものです。

多汗症の治療手術の中でも、ボトックスは比較的手軽な手術で手術時間も短く、手術痕もできませんし、痛みに弱い人でも安心して受けられます。

デメリットとしては効果には個人差があり、効果の持続期間も数か月から1年と短いことがあげられます。

薄着のシーズンに大量の汗をかかないようにしたい、結婚式に汗をかきたくないという時など、一時的な多汗症対策に効果がある手術といえるでしょう。

多汗症の症状が手のひらで起きるという人は、交感神経を切除する手術で治療をすることが可能で全身麻酔をかけた上で、脇の下数ミリの部分にメスを入れ、スコープを入れて胸部交感神経を切除します。

この手術をすれば、手のひらの多汗症を治療することができます。手のひらは直りますが、欠点として、背中や腹などの他の部位に多汗が現れる代償性多汗になってしまう副作用もあります。

かかりつけのお医者さんと相談をした上で、交感神経の切除手術をしましょう。

多汗症の治療法で手術によるものは他にもいろいろありますが、本当に手術が必要なのかよく考えてから決めるようにしましょう。

スポンサーリンク