女性と男性に多い脱毛トラブルの種類と症状とは?

スポンサーリンク




脱毛症とは

脱毛症とは毛髪が生えていた場所や生えると思っていた場所に、生えなくなった状態のことですが、通常毛髪には寿命があり、一般的には1日に70から80本程度の抜け毛があります。

抜け毛のスピードが早まり、髪の量が少なくなってしまうと、その部分の髪がなくなってはげになりますが、大抵の場合、脱毛症とは頭髪の状態のことを示します。

脱毛症の中には全身脱毛症というものがあり、体のあらゆる部分の毛が再生しない状態で、脱毛症は、男性によくある症状だと思っている人も多いと思いますが、実際は女性にも起こる症状です。

脱毛症には種類がいろいろとありますが、生まれたばかりの時には軟毛が生えていますが生後、2~3ヶ月の間に抜けたまま生えてこない先天性脱毛症もあります。

円形脱毛症は脱毛範囲が円形になる特徴がありますが、壮年性脱毛症は、20代~30代とまだ若いうちに発症する脱毛症です。

老人性脱毛症は、40代、50代になると起こる加齢による脱毛症状ですが、神経症、うつ症状、ヒステリーなどメンタル面が原因で起きる抜毛症も脱毛症状として数えられます。

腸チフス、肺炎、慢性感染症、糖尿病などの病気や抗腫瘍薬などの薬物による病候性脱毛症などもあるそうです。

円形脱毛症とは

円形脱毛症というのは脱毛症のひとつですが、脱毛した箇所の境目がはっきりとした円形のものがだんだんと大きくなっていく症状を言います。

10円はげという異名もありますが、脱毛範囲が10円玉状であることが多いことからで、原因はストレスや遺伝だったり、内分泌の異常や自己免疫のトラブルなどがあると言われています。

ストレスのために円形脱毛症の症状が出たという場合は、半年程度で治癒することも多いようですが、精神的な原因の為、回復に時間がかかったり原因が取り除かれない限り感知する見通しがつかない為、長引く事も少なくないようです。

円形脱毛症は、どの年齢の人も発症する可能性がありますが、10歳以下の子供、20代から30代に多く、男女共にありますが女性の方が若干多くみられます。

円形脱毛症の発症が単発だったならだんだん治ることもありますが、一旦治ったものの再び円形脱毛症の症状が出る多発型も存在しています。

円形脱毛症の症状の中には、何個所かの円形脱毛症が連結して前頭部の脱毛症になる場合や、まゆげ、ひげ、まつげなどにも症状が及ぶ悪性脱毛症もあります。

円形脱毛症の治療薬は、原因に応じて血管拡張作用のある薬品や、ストロイド薬、内服薬などを使いますが、脱毛部位の血流を促進したり、アレルギーを抑制したり、発毛効果を高めたりします。

ストレスが原因の円形脱毛症の場合は、皮膚科などにかからなくても治る場合もありますが、一度は皮膚科できちんと見てもらうことが大切です。

壮年性の脱毛症とは

壮年性脱毛症というのは、遺伝性の薄毛または抜け毛の事ですが、一般的にはゆっくりと数年かかって進行するものです。

その人のヘアスタイルによっては、最初のうちは脱毛に気づかず、気づいた時にはかなりの薄毛になっていることもありますが、ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期とあり、一定期間おきに順繰りに回っています。

この中でも成長期が極端に短いのが壮年性脱毛症の特徴ですが、毛包という毛穴の下にある髪の毛を囲む組織が小さくなってしまい、毛は細くて短くなってしまうわけです。

壮年性脱毛症は男性ホルモンの値が高くなるため、頭髪は薄くなっていくのにひげや胸毛といった箇所は成長が促され、太くそして硬くなり、壮年性脱毛症、一般的には若ハゲなどとも呼ばれ、男性に多いのですが女性でも起こる症状です。

円形脱毛症と同様の方法で治療は行われますが、毛がたくさん生えている部分の皮膚を切除し、その部分の体毛を一本ずつ頭部に植毛するという自家植毛手術もあります。

早い段階で治療をすることができれば、壮年性脱毛症の症状をゆっくりにすることができますが、皮膚科や脱毛症の専門医などに診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク