女性と男性に多い髪の悩みの原因と解決方法とは?

スポンサーリンク




女性に多い髪の悩み

多くの女性が髪に関する悩みを抱えているようですが、具体的にはどのような悩みがあるのでしょうか。

女性の髪の悩みで多いのが髪のボリュームに関するもので、女性の10人のうち3人が薄毛の悩みがあると答えていて、髪のかさが減った、抜け毛が目立つようになった、髪が細く少なくなってきたなどです。

白髪は、薄毛に次いで髪の悩みとして多いようですが、人によっては20代後半から白髪が目立つようになりますが、女性の髪の悩みは、どういった対策が可能でしょうか。

薄毛に悩む女性には、女性用の育毛剤で髪を豊かにするという方法があり、女性の薄毛には男性とは違う原因がありますので、必ず女性用の育毛剤を使うことが大切です。

今はかなり効果のあるものが商品化されているので是非活用してみましょう。

髪が細くなってきてハリやコシがなくなってきたという悩みにはシャンプーやトリートメントでの対策がおすすめですが、ハリやコシを出すようなシャンプーとトリートメントを使い、さらに髪専用の美容液を使いケアをすると良いでしょう。

白髪は髪染めで黒くするくらいしか方法はありませんが、白髪染めは地肌にダメージがいってしまうことがあります。とはいっても、白髪が目立つと年を取って見えやすくなりますので、染めざるをえなくなってしまいます。

トリートメントの白髪染めが最近は注目されており、多くの人が使っていますが、髪の外側をコーティングするように染めることができるタイプならば、白髪が気になる人でも安心して使えますので、女性の髪の悩みを解決する手段はいろいろありますので、試してみてはいかがでしょうか。

男性に多い髪の悩み

男性に多い髪の悩みといえばやはり薄毛で、薄毛を気にする男性はかなり多いようですが、実は薄毛を気にする男性の3割は頭髪を気にかけすぎる思い込み薄毛だといわれています。

髪にはヘアサイクルがあり、2年~6年で古くなった髪の毛球は退化し、何もしなくても抜けていきますが、抜けた場所からは、新たな毛が生えますので心配はありません。

頭のてっぺんや生えぎわの髪が薄い人は、この部分が一年程度で自然と抜けおちてしまう男性型脱毛症だと言われていますが、頭髪が太くなる前に抜け落ちるというサイクルになるので、細く短い毛が生えることになり、見ためが薄くなってしまうのです。

確かに薄毛で悩む男性は、お金がかかっても治療したいと思うでしょうが、ただ髪はフサフサなのに治療を受けたがる男性もたくさんいるのです。

正常な頭髪にもかかわらず治療をしようとする人の多くは若い人だといい、髪を洗っている時にたくさん抜けたとか、家族に薄毛の人がいることを必要以上に気にしたりするようです。

頭髪の悩みが深刻化してうつの症状が出る人もいるほどで、必要なのは頭髪治療ではなく、精神科でのカウンセリングだという人もいるといいます。

メンタル面のケアをすることで、薄毛の悩みが和らぐという人もいますので、髪の悩みを解決するためには、単純に薄毛治療をするだけではなく精神的な問題にも目を向けることが重要だといえるでしょう。

広がる髪の悩み

髪の悩みといえば薄毛や白髪が思いつきますが、他の原因で悩んでいる人もいますが、湿気が多い季節の髪広がりやくせ毛の悪化、うねり、ぺちゃんこ髪などの悩みです。

髪を上手にセットできないことが悩みの種という人は少なくありませんが、どうして湿気が強い日は髪がばさばさにまとめづらくなるのでしょう。

髪の表面にはキューティクルがありますが、キューティクルは剥がれかけているところから、水分が入りこんでいいく性質があり、キューティクルの内側にはコルテックスという成分があり、水分はここに入ります。

水分を吸収した部分が広がることで、うねりや広がりになりますので、髪が広がる悩みのある人は、キューティクルがはがれた部分を作らないように髪をケアすることが重要です。

髪が傷んでいると湿気で髪が広がりやすくなるということなのですが、湿度が高いと髪の内部にまで水分が入りこむのでもともと髪の毛が細くハリやコシがないとボリュームダウンしてしまいます。

湿気によってヘアセットがうまくいかないという悩みに対しては、ブローのやり方にコツがありますが、まずドライヤーでおおまかに髪を乾かします。

まだ湿り気が残っているうちに、内側から適度な量のトリートメント剤をつけていき、その後、8分乾きを目安にブローをしていきます。

髪の根元から乾かすのがブローのコツで、湿気の多いときの髪で悩んでいる人はいつものセットより少し手間をかけて工夫することで解決できるかもしれません。

スポンサーリンク