手根管症候群の原因と治し方とは?

スポンサーリンク




手根管症候群とは

手首の内部は手根管と呼ばれるトンネル状の空間があり、そこには指先を動かすための神経や腱が集まっています。

そのため、手根管になんらかの異常が生じると、指先に通じる神経が圧迫されるため、手の親指側を中心にして痺れや痛みが起こる手根管症候群となるのです。

この疾患は悪化すると手の親指付け根にある筋委縮が進み、親指や他の指を使った細かい動作が難しくなるなど、日常生活に支障をきたす手の疾患として整形外科では最も多くみられる病気です。

手根管症候群の原因とは

そんな手根管症候群になってしまう原因は今のところまだ明確にはされていませんが、発症した方の傾向から原因となるリスク因子がいくつか考えられます。

まず、女性が多く発症していることから考えられるのが女性ホルモンの影響です。

特に妊娠出産期や更年期を迎える女性の発症者が多いことから、女性ホルモンの分泌量の変化が発症要因として考えられています。

次に人工透析を長く受けている方の発症例も多いことから腎臓疾患も発症要因とされています。

この場合、女性ホルモンの影響とは違って発症の仕組みもある程度研究されており、アミロイドというたんぱく質が手根管内にたまることで、正中神経を圧迫されているのではないかと考えられています。

その他、怪我や骨折による関節の変化で手根管に異常が起こることや冷えなどによって水分代謝やリンパ・血流の循環に障害が生じて手のむくみがひどくなること、手首周りの酷使などが発症要因として考えられています。

このように手根管症候群の原因は多岐にわたり、それぞれが複雑に絡みあって発症していると考えられるのですが、どのような原因であっても基本的な治し方に大きな違いはありません。

手根管症候群の治し方とは

症状が軽い手のしびれや痛みだけという場合は、まず保存療法が第一選択となります。

手根管症候群の発症要因には手首周りを酷使することも含まれますので、手首を装具で固定してアイシングをしたり、検査で炎症などがみられる場合には手根管に炎症を抑えるステロイド注射などが行われます。

また、神経の回復をサポートするビタミンB剤や痛みをおさえる消炎鎮痛剤などの投薬治療も同時に行われることが一般的です。

こうした保存療法で症状が改善しなかったり、母指球の筋力低下など症状の進行が見られた場合は、局所麻酔を使い、靭帯を切って神経の圧迫を取り除く手術が行われることとなります。

手術は手根管付近を3~4cm程度切除して直接患部を見ながら行う解放術と手根管付近に1㎝程度の穴をあけて、そこから内視鏡化で行う内視鏡下手根管解放手術の二つの方法があり、どちらも日帰りが可能となっています。

ただし、症状が重度の場合、こうした手術を行ってもしびれや痛みが改善しないケースもあります。

この場合は、健康な腱を移行する再建手術が必要となりますので、自分の症状がどの程度であれ、治療を受ける病院選びでは、手根管症候群の手術件数や治療実績が豊富な医師がいるのかどうかを重点的に調べることが大切です。

スポンサーリンク