断食ダイエットのやり方と注意点とは?

スポンサーリンク




 断食とは

グリコーゲンは12時で支出されるため、食べ物をその間断って体脂肪の支出を促すという方法が断食ダイエットの原理です。

ダイエットを目的とするプチ断食という言葉もあり、断食を使ったダイエットは根強い人気がありますが、断食を行うには、エキスパート十分な知識を持った人の指導の下でしたほうが良いでしょう。

断食とは一定の期間食事を断つ事ですが、体内にはグリコーゲンという脂肪より優先しての支出エネルギーがあるため、食事の減らし方、普段食への戻し方も含めて断食だとされていて、ただ食事を断つのみではないのです。

ダイエットに良いとされているのは、一定期間、食事を断つ事で、腸にたまった宿便を排出可能な事です。手っ取り早いに断食を行う人も増加してきていて、今の時代はファスティングとも呼ばれています。

断食ダイエットについて

宿泊施設の断食プランとか断食道場など普段から離れたスペースで行う断食ダイエットが流行ですが、正しいやり方で行わなれば体に負担が掛かります。

体脂肪は備蓄用エネルギーとして体内に蓄積をされていますが、ささやかな運動とか減量のみでは体脂肪の燃焼には至りません。

宗教儀式や精神的修行、抗議行動などに古くから断食は行われてきましたが、食べ物の魅惑に勝つ事は自宅では、けっこう難しいでしょう。

断食ダイエットの方法について

復食期及び断食ダイエット後の食事が、最も重要だといいますが、それぞれの断食の定義や実際の手法は指導をする人や施設により異なります。

体重がダイエット前より増加をしてしまうときがありますが、その原因に、空腹の反動で食べ過ぎたり、急激に元の食事に戻すなどがあります。

ダイエット中に便秘になるのは危険ですから1日2リットルを目安に水分を摂取し、不安のある人は担当医に相談をする事、ストレスが溜ってしまうような断食ならば行わないという判断も大切です。

断食ダイエットのプランとは

大まかに減食期断食期復食期の3つの期間に分けられ、そんなに難しいことではないのが半日だけ食事を断つ半日断食ですが、十分に水だけは摂ったほうが良いでしょう。

デトックス効果もある水分摂取は、空腹をまぎらわすこともできるとおもいますし、知識の無い状態での長期間の断食、問題が健康上に生じるケースがありますので、断食ダイエットを行う期間は激しい運動は避けて健康状態の良いときに行いましょう。

断食ダイエットには、食事を抜く期間に応じて半日断食1日断食本断食があります。

断食ダイエットの注意点とは

知識を持たない人が自宅で断食する事はダイエット効果が乏しいだけではなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

1度行った断食ダイエットの効果が大きいと、期間を勝手に延長させたり繰り返し断食ダイエットする人もいますが、断食は体への負担がかなり大きい方法で自己判断での断食ダイエットは危険を伴い、諸刃の剣ともいえるのが、断食ダイエットなのです。

断食したあとに自分へのご褒美として高いカロリーの食事してリバウンドを起こすこともありますが、せっかくの断食ダイエットの効果をムダにしてしまうこともありますので注意をしましょう。

長期間の断食は、体調を崩すのか

長期間の断食は、拒食症や生理不順などの原因になることがありますので、断食ダイエット道場とか断食センターのような専門施設を、断食の期間を延ばしたい場合には利用するのがお勧めです。

危険性なども理解をして、断食に関する知識と理解を深めた上で実践すべきなのが、断食ダイエットなのです。

適切な手法で行わなければ体を壊してしまいかねないですが、その反面、正しく断食を行えば大きなダイエット効果があります。

スポンサーリンク