有害ミネラルを体外に排出するキレーション療法とは?

スポンサーリンク




有害ミネラル等の影響とは

身の回りには様々な物質が有りますが、その中には人体に対して有害な物資や金属、ミネラル等も存在しています。

人体には元々解毒作用が備わっている為、ある程度の有害物であれば体外に排出する事も出来ますが、その人の年齢は勿論の事、生活習慣や体質によっては有害物質を排出する能力が低下してしまっている人も居ます。

それにより結果、有害ミネラル等の影響を受けて健康被害を起こしてしまう可能性も出て来ます。

通常、体内に入ってきた有害ミネラル等の有害物質は、タンパク質に包まれた状態になって肝臓から排出されます。

しかし、このタンパク質が十分に作る事が出来なかったり、体内に存在する有害物の量が多くなってしまうと、体外に上手に排出する事が出来ずに体内に蓄積されてしまうのです。

それを上手に体外に排出する効果が期待できるのがキレーション療法で、これはキレート剤を利用して行う施術法となっており、有害物質を腎臓から排泄しやすくなる効果が期待出来ます。

キレーション療法とは

通常人体で解毒作用をになっているのは肝臓ですが、その働きが弱まってしまうと、皮膚の疾患が起きたり、時にはホルモンの分泌に異常をきたしてしまったりする事も有り、そこで行うのがキレーション療法です。

この施術法では、キレート剤を点滴で人体に投与する形となっていますが、始めたばかりの頃は週に1回から2階ずつ行い、患者の様子を見ながら合計20回から30回点滴を行う様になっています。

点滴自体は90分かけて行われており、血管痛等が無いのでもっと滴下のスピードを速くしてもらいたいと言う人も居るかもしれませんが、点滴時間を短くすると腎臓に負担を掛けてしまうことになる可能性がある為、これ以上短くする事は出来ません。

キレート剤には合成のアミノ酸だけでなく、ビタミンやミネラル等もバランスよく含まれていて、1回に利用する薬剤は約300mlとなっており、まずは20回から30回行いどれ位体外に有害ミネラルが排出できたかを確認します。

また、キレーション療法自体は一度しっかりと行えばその後は未来永劫ずっと何もしなくても良いと言う訳ではなく、その為、その後は1ヶ月に1回から2回の維持療法を行います。

また、この維持療法自体は動脈硬化を予防すると言う点からも必要なものとなっています。

効果を高めるには必須ミネラルの補充を

キレーション療法自体は点滴すればその効果が期待出来ますが、よりその効果を高める為には栄養補助食品を利用するようにします。

この施術では、体内に有るミネラルが排出される為、必須ミネラルの量が減少してしまう可能性もあるからですが、栄養補助食品を利用する事によって、体内に必要な必須ミネラルを補充する事が出来ます。

また、キレーション療法自体は確かに体の中から有害ミネラルを排出する事が出来ますが、体外から摂取する事を予防する事は出来ません。

その為、その人の生活スタイルや食生活によっては再び体内に有害ミネラルを取り入れてしまう可能性もありますが、よりその施術の効果を高める為にも、健康に留意した生活を送るようにしましょう。

スポンサーリンク