歯周病は万病の元って本当なのか?

スポンサーリンク




歯周病は万病の元

年齢を重ねるほど歯周病になる人の割合が大きくなりますが、この疾患は単に口の中に影響をおよぼすものではなく、発症すると歯茎が腫れたり出血をする、歯がもろくなるなどの問題を引き起こしますが、菌が全身に被害を及ぼすことでも知られています。

原因菌であるポルフィロモナス・ジンジバリスやアクチノバチラス・アクチノミセテムコミタンスなどが、血管の中に侵入するのが原因で、血管は体のあらゆる部分を通っており、つながっていますので、血流とともに全身に原因菌が運ばれてしまい、これが歯周病は万病の元と呼ばれている理由です。

肺炎を発症する危険がある

ポルフィロモナス・ジンジバリスやアクチノバチラス・アクチノミセテムコミタンスなどが及ぼす体の被害には、色々な種類があり、時には肺炎を発症することがあります。

原因菌が潜んでいる唾液を飲んでしまうと、肺の部分に原因菌が入り込んでしまい、これをきっかけに肺炎になるというメカニズムです。

肺炎は風邪に似たような症状ですが、胸が痛くなる、呼吸困難、意識障害などといったふうに、風邪よりも強い症状が出てしまい、特に65歳以上の高齢者がこの病気にかかると死亡率が高いのが特徴で、原因別死亡率でみると4位にランクインするほどです。

脳卒中を発症する危険がある

脳卒中の危険が増すことが分かっており、原因菌がプロテアーゼという酵素を作り出し、この酵素が血液中の成分を固めてしまい、動脈硬化の悪化を引き起こします。

動脈硬化になると血管の柔軟性がなくなり高血圧の症状を発しますが、高血圧になれば血管が細くなって血管内が詰まりやすくなり、血流が脳に行き渡らなくなり脳卒中の発症率を高めます。

これは脳だけに関係のあるものではなく、心臓にも負担をかけますが、脳卒中と同じような原因で心筋梗塞を引き起こす確率を高め、脳卒中も心筋梗塞も死亡する可能性がある恐ろしい病気です。

糖尿病を発症する危険がある

歯周病を発症すると、同時に血糖値が上がりやすいとされていて、血糖値が高まると糖尿病を発症する危険があり、重度の糖尿病の人は、この歯の疾患にかかっている人が多いため、お互いに関係の深い存在であることがわかります。

糖尿病の怖さは、様々な合併症を引き起こすことで、重い腎臓病を患ったり、失明する、下肢が壊死するなどの症状が有名ですが、現代医療では完治できない病気であり、何も対策をしなければ死亡するのが糖尿病の特徴です。

認知症を発症する危険がある

歯周病を治療することで、血糖値が下がることが判明しており、また症状が悪化すると歯が抜けてしまいますが、歯が抜けると免疫力が低下し、これをきっかけに脳に悪影響を及ぼして、認知症の発症率を高めてしまいます。

万病の元になる歯周病を予防するには、歯垢がたまらないように毎日のケアが重要ですので、食事をした後には歯をきちんと磨き、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシなどを使って歯の隙間の歯垢や汚れを除去しましょう。

しかし、歯石の除去は難しいですので、定期的に歯医者に通って、除去してもらうことが大切です。

スポンサーリンク