水道水の危険は、残留塩素だけではないこれだけの理由とは!

スポンサーリンク




日本の水道水は、世界的にみても安心安全

のどが渇いて水を飲もうと思った時、世界の中ではいつでも好きなだけ水が飲める水道設備が備わっていない地域もあるものですが、水道設備があっても水質に問題があり、そのまま飲むことも危険でシャワーに使用しても髪の毛がきしんでしまうくらい水質が悪いという国もあるのですが、日本では世界的にみても水道設備は充実していて安全でおいしい水が飲めるとされています。

水道水の残留塩素は煮沸すれば問題なし

厚生労働省が定めた51項目もの基準に合格していることが条件となっており、水道法という法律によって定期的な検査が義務付けられていて、それでも安全な水を提供するために消毒として微量ながらも塩素を使用していることになります。

この残留塩素による体への影響も不安視されていますが、水道水の中に含まれている残留塩素は煮沸をすることで飛ばすことができるため、加熱調理用として使用する時であったり、赤ちゃんに飲ませるにしても一回沸騰させたものを冷ませば問題なく飲ませることができます。

冷水として飲みたい場合には、水道水を沸騰させて冷蔵庫で冷やすというのは手間がかかることになるので、最近ではスーパーで水を購入してきたり、宅配のウォーターサーバー利用者も増えています。

水道水に鉛や赤錆が溶け出している

水道水の危険は、残留塩素の問題ばかりが取り上げられがちですが、じつはそれ以外にも危険な物質が水道水に含まれていることもあり、とくに、古い設備になると注意が必要になり、1980年代後半以前に作られた給水管であれば鉛を使用している可能性が高くなります。

道路にある配水管から自宅内に水を運び入れるのが給水管になるのですが、給水管の鉛が水に溶けだして水道水が汚染されていることにもなり、また、給水管や排水管の法定耐用年数としては40年とされているのですが、鉛製にしてもそうでなくても金属が劣化をして錆を発生させており、それによって水道管の水漏れトラブルが発生することもあります。

管の中にはたくさんの錆がこびりついていることになるので、そこを通っている水道水は、決して安全とは言い切れませんし、マンションやアパートで給水タンクがあるという建物になればさらに注意が必要になってきます。

給水タンクの管理となると、国ではなく国から許可をもらっている事業者が行うことになりますが、そのために、信頼のできる事業者かどうかのチェックも欠かせなくなります。

トリハロメタンは、健康に重大な悪影響を与える

これ以外にも、水道水にはトリハロメタンの問題がありますが、発がん性物質でもあるトリハロメタンは、塩素消毒をすることによって発生する物質でもあります。

トリハロメタンは、肝臓や腎臓などの臓器に悪影響を与えるだけでなく、アトピー性皮膚炎、イライラするなどの精神疾患を発症させる原因ともなってしまい、残留塩素であれば、煮沸消毒をして除去することができるものの、トリハロメタンとなれば短時間の煮沸によって更なる毒性を増すことになるので、とても危険な成分でもあります。

スポンサーリンク