為替相場の推移予測と注意点とは

スポンサーリンク




為替相場の推移予測とは

FXで利益を出すには、為替相場の推移を予測する必要がありますが、近年では、FXによる資産運用をする人が増加しています。

何をすれば、為替の推移がわかるのでしょうか。

将来の為替相場の推移を予測するにはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という方法がありますが、ファンダメンタルズ分析とは、為替とは、各国通貨の需要と供給によって決定するという考え方に基づいています。

経済のファンダメンタルズ分析が需要と密接な関わりがあるとして、為替の今後の推移を予測するわけですが、経済条件のベースとなるものを、ファンダメンタルズといいます。

通貨を発行している国の経済情勢がどのようなものかであり、失業率、経済成長率、金利、国際収支などのデータから知ることができます。

常に経済指標と為替レートとが同期して推移しているというものではありませんが、絶えず変わっている為替の推移に、経済指標が関わっているということができます。

物価の上昇率が為替相場を決めるという理論もありますが、物価上昇率が高ければ高いほどその国の通貨の価値は減少します。

通貨の価値が下がると、他国通貨に対してもその通貨の価値が低下することになりますが、貨幣価値は、物価上昇率の上昇に伴って下がるものであり、上昇率がそのままなら変わらないという考え方です。

物価上昇率などのデータに基づいて、為替の推移を予測可能です。

為替相場推移の見方とは

FXの取引に参加している人にとって、為替推移を知ることはとても大事なことといえますが、色々な手法が為替推移の知り方にはありますが、基本的な理論を理解しておくと予測を立てやすくなります。

為替相場というのは生き物と同じで絶えず動いているものですが、状況や動きによって今後の推移の方向を予測することができます。

一方、為替チャートの形状を分析することで、ある程度の相場の動きを知ることができますが、分析の方法にも色々なものがあります。

チャートの様相は様々ですが、箱の中にいるように為替の変動が一定域内を出ないものをボックス圏といい、相場の変動要素が乏しい状態です。

どこが下値であり、どこが上値かを速やかに知ることが大事ですが、ボックス圏に近い動きをしつつも、抵抗線や支持線を越えていくものをフラッグ型と呼んでいます。

フラッグ型を識別するには、上値抵抗線をクリアしたかどうかでしょう。

相場の変動の動きが徐々に狭くなり上昇か下降のどちらかへ転換することを示唆するパターンもありますが、チャートの形を分析することによって、ある程度は為替相場の流れを知ることができます。

何度か為替推移を予測し、売買を続けることによって、チャートの読み方が理解できます。

為替が今後どういった形で推移していくかを知り多ければ、多くのチャートを見て、予測を立ててみみるといいでしょう。

為替の推移予測の注意点とは

FX取引で差益を得るためには、為替をできるだけ正確に推測することが重要になってきますが、特にFXを始めたばかりという人は、円高や円安で相場が大きく変わるタイミングが危険な時です。

地震や台風などの自然災害も為替の推移に影響を与えるものですが、どんなに頑張っても予測しきれるものではありません。

どんなに為替の推移について理解を深めても自然災害まで予測することはできませんので、完全に将来のレートを知ることはできません。

経験が浅いうちは、相場の大きな乱れを前にすると平常心が保てなくなりますが、一時的に混乱してしまい、日ごろはしないようなことをしたりします。

為替レートの大幅な変動にも同じないよう、推移を注意深く見守っていることが大事になってきますが、儲けを出すより、損をふくらませないことを考えていきましょう。

たった1度のストップロスの入れわすれが原因で、取りかえしようもないくらい含み損が大きくなってしまったという話も珍しくありません。

一回の失敗が大きすぎて取り返しがつかなくなることがありますが、もしもの時にそなえて手段を講じておくことが、為替推移を見極める時には大事になってきます。

為替推移の予測に100%は存在しません。

この道何十年という人でも、予測が違ってしまうこともありますが、為替の推移は、平時から落ちついて分析をすることがポイントになります。

スポンサーリンク