糖尿病からくる恐ろしい症状とは!

スポンサーリンク




糖尿病は、どんな病気なのか

糖尿病という病気は尿に糖が混ざるためにそう呼ばれているのですが、その名前に対してとても恐ろしい病気であるといえ、重症化すると手足などの末端部分が壊死し、手足の切断を余儀なく去ることもよくあります。

血液の中に糖が混ざってしまい、それに伴って尿にも糖が入り込むのですが、一般にイメージされているよりもリスクが大きい病気であるといえ、ガンなどよりも危険で殺傷力が高いという見方もあり、さらに多くの合併症を誘発するため充分な注意をしなければならない病気なのです。

病気が進行すると三大合併症の危険性がある

過剰な量になってしまったブドウ糖によって、臓器などに糖がべったりと付くことによって合併症が生じることになりますが、三大合併症と呼ばれている病気が特に危険であり、糖尿病性網膜症と糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などがそうです。

これらは目と腎臓、そして神経に関する機能に障害が発生するものであり、失明と腎機能障害などによる人工透析などの処置が必要となり、人工透析は患者の負担と年間ランニングコストがとても高く、これによって資産を失う人も数多く存在しており、失明は、その後の人生に大きく関わってくるので、網膜などに異常を感じたら一刻も早く受診する必要があります。

また、手遅れになりやすいのが、神経症であり、これによって手足の壊死が起こってしまい切断する事態になることが多くあり、これは神経と細かい血管に糖がつまり、血液などの体液が循環しなくなることによって起こる症状となっていて、初期症状は手足の痺れというあまり危険なイメージが無いものであり、自覚症状の無いまま進行しやすいのです。

自覚症状で気づきやすいのは足の異変

今は医者にこういった症状に効果のあるアルドース還元酵素阻害薬などを処方してもらうことができ、食事の指導なども受けることになるので、そういった普段の生活などをしっかり改めていきましょう。

そして、意外なことに水虫なども糖尿病治療において邪魔なものであり、皮膚科を紹介される人も多くいて、関係ないように思えますが、足の感覚を正常な状態にするためには必要不可欠な治療なのです。

魚の目なども確実に治療するように言われますので、足の裏は万全の状態に整えるようにして神経障害を予防することが可能となります。

初期症状を見逃さないようにしよう

合併症の主なものは血管に糖が詰まってしまうことによって生じますが、だからといって食事と薬物治療にばかり集中してはいけません。

足の裏の水虫と魚の目の治療と怪我ややけどの早期治療、深爪などに気をつけるなど気をつけることはたくさんあり、目と腎臓、手足を末永く使っていくために糖尿に対する対策と予防は確実に実施し、初期症状を見逃さないようにしましょう。

最近は糖尿予防のためのお茶なども存在するので、不安で仕方ない人はそういった体に負荷をかけずに予防できるものを使うことをおすすめします。

そうすることで過剰に糖尿病におびえることなく、初期症状の早期発見と予防に努めることが出来るようになるでしょう。

スポンサーリンク