腸内細菌は脳の発達や性格の形成に関与している

スポンサーリンク




腸な環境は重要な役割を担っている

腸内環境は食べ物の消化や吸収において重要な役割を担っていることは知られていますが、実は脳への影響も非常に大きなものがあります。

例えば、脳内にはセロトニンという神経伝達物質があります。

このセロトニンは逆境に立ち向かって、前向きな気持ちを作り出す働きを持っています。

そんな重要な役割を果たすセロトニンの前駆体となる物質は腸内で作られます。

さらには、脳へと届けるのも腸内細菌の役割です。

このことからアメリカでは腸内環境を整えることがうつ病を治療することに繋がるという臨床研究も始まっています。

実際にバナナなどセロトニンを含む食材を食べると少し気分が晴れやすくなるとも言われています。

ストレスを感じるとお腹が痛くなるという方は少なくありません。

これは脳と腸が密接な関係にあることを示しています。

腸内環境を整えてセロトニンの前駆体を増やすことができれば、ストレスに打ち勝ちやすくなると考えられます。

善玉菌を増やして腸内環境を整える

善玉菌を増やして腸内環境を整える菌として乳酸菌があります。

動物に乳酸菌を与えると通常よりも元気に育つことが多く、性格的にも温和な傾向にあると確認されました。

これは腸内細菌によってドーパミンの大部分が作られるためと考えられます。

ドーパミンは幸せホルモンとも呼ばれる物質です。

これらを総合すると腸内細菌は脳の発達や性格の形成に大きな影響を与えていると言えます。

腸内環境はバランスが大事

人の腸内には腸内細菌が棲んでいますが、この細菌の種類は生まれてからおよそ1歳になるまでに決まります。

しかし、腸内細菌のバランスは生活環境によってその後も変化します。

理想的な比率は善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7と言われています。

この割合に近い状態が保たれていれば悪玉菌の増殖が抑えられます。

ところが腸内環境のバランスは年齢の影響を受けます。

例えば善玉菌の代表格としてビフィズス菌があります。

ビフィズス菌は中高年から減少し始めて悪玉菌の数が上回ってしまうことにも繋がります。

これが老化の一因とされています。

ただし、ビフィズス菌は一部の食品などに含まれているので意識的に摂取することは可能です。

腸内環境は食生活の影響を強く受ける

昨今では脳と腸の密接な関係を表す「脳腸相関」という言葉が使われるようになっています。

腸内には免疫細胞もいて異物の侵入に対して戦っています。

脳の働きにも影響を与えつつ、免疫も支えるという実に幅広い働きを持っているのが腸です。

腸は食べたものが通るところなので食生活の影響を強く受けます。

そのため、乳酸菌など腸に良い影響を与える要素を含む食べ物を積極的に摂取することには意味があります。

それだけではありません。

規則正しい生活を送ることも腸にとっては重要です。

また、ストレスも腸の働きに影響を及ぼしています。

ストレスが溜まると腸内環境が悪くなり、脳内にセロトニンやドーパミンがもたらされにくくなり、一層ストレスが溜まることにもなります。

逆にストレスが適度に発散されていると腸内環境も良くなりやすく、脳は一層ストレスを感じにくくなります。

スポンサーリンク