膝の痛みに役立つサプリメントとは?

スポンサーリンク




膝の痛みにサプリメント

膝の痛みとサプリメントについてですが、年をとるとどうしても体のあちらこちらに老化現象が出始めてきますが、特に高齢になるにつれて、膝の痛みといった症状が出やすくなります。

近年では、関節の痛みを改善するサプリメントが関心を集めていますが、グルコサミンやコンドロイチンを配合したサプリメントが、腰や膝の痛みを緩和する効果があると言われています。

ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントを使うことで、膝の痛みを軽減するという方法もあり、膝など関節の動きには軟骨が重要な役割を果たしていますが、年をとるとだんだんこの軟骨がすり減って、膝の痛みになります。

実は、この軟骨の大半は、コンドロイチンがその主な成分で膝の部分は、ほとんどがコンドロイチンにコラーゲン、ヒアルロン酸でできていると言われています。

サプリメントでコンドロイチンを補うことによって、膝の痛みを軽くすることができるといい、軟骨に存在する栄養素にグルコサミンがありますが、軟骨の細胞に働きかけ、新たな軟骨を作り出す機能をフォローする効果がグルコサミンにはあるといいます。

グルコサミンやコンドロイチンは、膝の軟骨に直接作用する効果があるので、サプリメントで補ってあげることで膝の痛みを和らげる効果があるのです。

膝の痛みに役立つサプリメントとは

膝の痛みの改善に役立つサプリメントとして、すっかり有名になったグルコサミンやコンドロイチンですが、サプリメントとして販売されるまでは、あまり聞いたことのなかった成分なのです。

ギリシャ語のコンドロスという単語が、コンドロチインの語源ですが、コンドロスとは軟骨のことで、コンドロイチンサプリメントが関節痛にいいのは、軟骨成分だからでしょう。

軟骨だけでなく、コンドロイチンは眼球や皮膚など、体の中であらゆるところに存在している栄養素だと言われていて、コンドロイチンと呼ばれる成分は膝の痛みだけではなく、老化にまつわるさまざまな症状にも効果があるとも言われています。

実際、膝の痛みで病院に通っている高齢者の方もたくさんいらっしゃいますが、病院に通院するだけでは、膝の痛みはなかなか改善しないことも少なくありません。

病院の中には、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを治療のために勧めているところもあるようですので、関心を持った方は、一度は使ってみるといいでしょう。

薬局では、医薬品としてコンドロイチンを取り扱っているというところも存在しているので、膝の痛みがなかなか解消できない人は、コンドロイチンのサプリメントについて薬局などで相談してみるのもいいでしょう。

膝の痛みに効く成分とサプリメントとは

膝の痛みや関節に効く成分としてサプリメントとしても多くの商品が販売されているものがありますが、すっかり有名になったグルコサミンやコンドロイチンです。

軟骨に存在するヒアルロン酸やコラーゲンなどをサプリメントで補給することで、膝の痛みを軽くするという方法も行われていますが、コンドロチインを一般的な食材で補給する場合、オクラや納豆など粘りのあるものが適しています。

サプリメントを使うことに心理的な抵抗がある人もサプリメントに抵抗がある場合もあるでしょうが、食事にできるだけ関節や軟骨に効く成分がたくさん含まれている食品を取り入れていくことで、膝の痛みの解消にも効果が期待できます。

膝の痛み効くとされる成分が配合されたサプリメントを、より効果的に利用するにはコンドロイチンとグルコサミンを同時に摂取できるようなサプリメントを使うことで、効果を高めることができます。

コンドロチインサプリメントを1日1200mg、グルコサミンサプリメントを1日1500mg摂取し続けたという調査がありますが、この場合、膝の痛みを改善する効果が八週間あったということが確認されているそうです。

サプリメントは薬と異なり、飲んだからといってすぐに効果が出るというものではありませんので、サプリメントを毎日コツコツと飲み続けていくことで、膝の痛みも少しずつ和らいでいくことでしょう。

スポンサーリンク