自宅でできる筋トレダイエットの方法とは?

スポンサーリンク




女性のための筋トレダイエット

筋トレダイエットが女性の間でも最近話題になっていて、脂肪を燃やす有酸素運動がダイエットには効果的だと思われがちですが、コツコツ続けるのは大変なことです。

スケジュールが詰まっている人は走りこみの時間もなかなか確保できませんし、天気の悪い日は外に出たくなくなります。

筋トレは天候やロケーションにこだわらずとも、自宅で手軽に行うことができるという利点があります。

じっとしていても体温が低くならないよう、筋肉は脂肪を燃焼させますが、筋肉が脂肪を燃やす熱量は1日の消費カロリーの50%もあるので、筋肉を増やすことで脂肪が減って必ず痩せられるというのです。

有酸素運動では脂肪が燃えるのは運動中だけですが、筋トレで筋肉を増やせば1日中脂肪を燃焼させることができるので
筋力がつけば運動もしやすくなり、太りにくい身体になるでしょう。

カロリー制限によるダイエットは、ダイエットが終わった時にリバウンドの可能性がありますが、筋肉はリバウンド対策にもなります。

もしも、筋トレをしたい女性がいるなら、体幹にある広い筋肉を積極的に使うようにして、お尻、太ももの後ろ、背中、胸には多くの皮下脂肪がつきがちです。

筋肉を鍛えて、引き締まった体つきになるよう取り組み、筋トレをコツコツと行うことでダイエットだけではなく、バランスのとれたボディも手に入れることができるのです。

自宅で行う筋トレダイエット

筋トレを行って筋肉をつけることでダイエットをする方法が話題となっていますが、筋トレはたとえジムに通うお金や時間がなくても、自宅で簡単に行うことができます。

自重をダンベル代わりに、筋トレをすることができて畳1枚のスペースが確保できれば、ダイエット効果のある筋トレが実行できます。

筋トレは、ジムに行くよりも家でやる方が続けやすいという人もいますが、外出の準備をしたり、交通手段の確保をしたりなどが煩雑なためです。

運動をする前段階にしなければならないことが多いと、結果的に運動から足が遠のいてしまいがちですが、自宅での自体重筋トレは思いついたらすぐ気軽に取り組むことが可能です。

筋トレは習慣的に行うことが大切ですが、毎日やるとなると最初は大変で、普段から運動不足で筋肉をあまり使っていなかった女性の場合には、週1回でもダイエット効果があります。

週2回にすればさらにダイエット効果がアップし、週3回やればもっとダイエット効果が上がるのがというとそうでもありません。

ある程度は筋肉を休ませながら使うことが理想的なので、ダイエットを目的とした筋トレの場合、一週間に2、3回が適切です。

熱心に筋トレをしすぎて、体がごつくなってしまわないかと考える女性もいるようですが、ホルモンの関係で女性は筋肉のつきすぎにはなりません。

ダイエットを目的とした程度の筋トレであれば、筋肉がふえすぎるということはないので、自宅で筋トレをして是非健康的なダイエットを成功させましょう。

筋トレダイエットの方法とは

筋トレによるダイエットでバランスのとれたスタイルを手に入れることができますが、具体的にはどのようなダイエット方法で筋トレをすればダイエットに効果的なのでしょうか。

午前中に筋トレをすると、代謝がアップした状態がその後も続きますので、筋トレでダイエットをする場合、午前の運動がおすすめです。

午前中に筋トレをすることで代謝が高い状態が続き、体内の脂肪がエネルギーに変わりやすくなるためダイエット効率が上がります。

続けることによって、運動によるダイエット効果はアップしますので、起床直後と就寝前以外の時間であれば、自分にとって都合のいい時間に筋トレをするといいでしょう。

実際に行う筋トレの方法ですが、テレビを見ながらでも簡単にできるものがいくつかありますが、1つは腹筋を鍛える筋トレです。

クッションを膝の間に挟み、床で仰向けになり、膝を90度まげて両腕を膝の方へ伸ばしてクッションを落とさないように注意しながら、両手で膝にタッチするまで背中を丸めて上体を起こし、体を元の状態に戻す時は、背骨を一つ一つ床につけるようにしていきます。

バストアップや二の腕にいい筋トレもあり、床にクッションを置いて、そこに膝をつき、両手を肩くらいに広げた状態で体を伏せ、両脚を交差させ、肘をまっすぐにして手首を外に向けます。

頭から頭が揺れないように気をつけながら、肘を曲げて胸を床にゆっくり近づけ、目線は下の方に向けたまま、床を押し、元どおりの姿勢になります。

どちらの運動も一人で気軽にできる筋トレでダイエット効果もありますので是非時間を見つけてやってみましょう。

スポンサーリンク