血液バイオフォトセラピーと呼ばれる紫外線C波血液照射療法とは?

スポンサーリンク




紫外線C波血液照射療法とは?

紫外線C波血液照射療法は血液バイオフォトセラピーとも呼ばれる治療法の一種です。

取り出した血液に紫外線を照射して身体に戻すと言うシンプルな方法ですが、血液を活性化させるために様々なメリットが見込まれます。

負担も少なく手軽な治療方法として、海外では古くから親しまれている存在です。

日本では一般的と言うほどではありませんが、近年は認知度も高まりつつあり、要注目の治療法と言えるでしょう。

紫外線C波血液照射療法の原型は?

この紫外線C波血液照射療法の原型は、デンマークの医師であるフィンセン氏によって発明された医療技術です。

フィンセン氏は光線による治療法を発明し、医学界に新しい風を吹き込んだ人物として有名です。

この功績が讃えられ1903年にノーベル医学賞・生理学賞を取得しています。

光線によって病気を治癒すると言う概念は古くからありますが、現在でも放射線治療などとして形を変えて残っています。

海外では光線療法は進化を続けており、血液フォトセラピーとして親しまれてきました。

血液フォトセラピーの作用メカニズムは?

血液フォトセラピーの作用メカニズムはシンプルです。

日光は患者の回復を助けたり、免疫力を高める作用があると判明しています。

日光に含まれる光の成分が、身体にとってメリットとなる働きを持つわけです。

この光成分を抽出して集中的に人体に浴びせることで、効果を高められると言う期待は当然持てるでしょう。

血液フォトセラピーでは、この健康に役立つ光の成分を、血液に照射することでダイレクトに働きかけることが可能となったわけです。

紫外線C波の特徴と効果は?

紫外線C波血液照射療法では文字が示す通り、紫外線C波を用いています。

紫外線と言えば身体に良くない印象をお持ちかもしれませんが、これは浴びすぎることが良くないのです。

紫外線は人体にとっては元々は有益なもので、セロトニンの生成やビタミンDの合成の他にも、多彩な役割を持ちます。

浴び過ぎはもちろん良くありませんが、必要な分はしっかりと浴びておいた方が健康に寄与するでしょう。

なかでも紫外線C波は殺菌力が強いなどの特徴がありますが、オゾン層の為に地上にはほぼ到達できません。

この紫外線C波を人口的に発生させ、医療に用いようと言うのが、紫外線C波血液照射療法の考え方になります。

紫外線C波血液照射療法の一連の流れは?

具体的には50cc程度の血液を取り出し、紫外線C波を効果的に照射して、そのまま体内に戻すというのが一連の流れになります。

簡単な処置ですが即効性が高く、加えて副作用の心配が低いのもメリットと言えるでしょう。

薬品を使わないですし、自分の血液を戻すだけなので、衛生環境が整った医療機関で実施すればリスクはかなり抑えられます。

対応している疾病は幅広く、片頭痛や肝炎の他、糖尿病などの一般的なものが多くなっています。

線維筋痛症やレイノー氏病などにも適応があり、数多くの病気やケガの治療や症状の緩和を目指せます。

現在では実施可能となっているクリニックも多数となっており、お近くでも見つけられるかも知れません。

既存の治療法では充分でない場合や、より健康な生活を考えたい場合には、試してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク