話下手の男性が会話を途切れさせない会話術とは?

スポンサーリンク




会話のテクニックを身につけよう

話下手の男性は、それを自覚した段階で、かなり大きなコンプレックスを抱えてしまいますが、ビジネスの場面で相手の興味をつかむのも、女性をデートに誘うのも、そつなくエスコートするにも、会話術は欠かせない要素だからです。

しかし、話が弾むからと言って、それが本当に重要な仕事の展開や「モテ」に繋がるのかと言えば、それはNOで、弾んだ会話の中身が無ければ、瞬間的には相手を引き付けられる可能性はありますが、その先につなげられるかは微妙です。

では、その会話のテクニックをどう身につけていくべきなのか、ということを考えてみると、まず、会話というものは自分が語るだけでは成立しません。

相手の言葉を注意深く聞いて、それに対して的確な相槌であったり、返答をきちんと返せるか、というポイントが大切なのですが、そこで問題になるのがボキャブラリーです。

まずは必要な言葉を知っていること、意味を間違えることなく使えるかどうか、さらにその場に合った言葉のチョイスが的確かどうか、というところも大切で、やたらと難しい専門用語や相手が門外漢である分野の言葉を並べ立てることは失礼にあたりますし、逆に易しすぎる言葉遣いは「相手をバカにしている」と取られかねません。

こんな話し方になりたいと思う人を探そう

話下手という性質を自覚してしまうと、喋らなさすぎるか、相手の空気を読めずに自分のペースで喋りすぎてしまう、それで相手に距離を置かれてしまい、さらにコンプレックスを助長してしまうというマイナスのスパイラルに陥りがちなのです。

話下手は決して克服できないスキルではありませんので、日々、テレビやネットで観ることが出来る映画やトーク番組、バラエティ番組などは全てが教材になりうるのです。

こんな話し方ができる人になりたい、と思うようなサンプルがあれば、繰り返し見て、その言葉を聞いて、自分に取り入れられるところがあるかを観察してみましょう。

勿論、全てをまねることは不可能ですし、それをやったからと言ってすぐにトークスキルが向上するわけではありませんが、例えば言葉の選び方、相手の話を聞く表情、姿勢、相手との言葉のやり取りのタイミングや空気の読み方などは学べるネタとなりうるのです。

バランスの取れた会話術を目指そう

知的なコメンテイター、明るい役者さん、お笑いの芸人さんなど、こんな人になりたい、と思うようなキャラクターを探してみて喋り方だけでなく、会話の相手の話をどう聞いて捉えているのか、などが観察して学ぶポイントとなります。

会話を途切れさせない、というのは、おしゃべり好きでもなかなかに難しいものですが、ただ途切れさせずに自分が喋り続ければよい、という訳でもなく、きちんと相手の話を聞くことが出来るか、ということも大きなポイントだからです。

その言葉を受け取って、きちんとキャッチボールのように返せるか、ということが大切なのです。自分から話すことのスキルを磨くのと同時に、相手の話をきちんと聴けるか、そして理解できるか、ということが、バランスの取れた会話術の本質なのです。

スポンサーリンク