顔の歪みを自力で治して小顔になる方法とは?

スポンサーリンク




顔の歪みを矯正して小顔になろう

人間の顔は左右対称であるほど整って見えますが、普段の生活習慣により、いつのまにか微妙に曲がったり、歪んでしまうことがありますが、鏡を見たときに、左右で頬の高さや出っ張っている部分に違いがあったり、口角の位置がずれていたり、片側だけむくんでいたりすると、バランスが悪くなってしまいます。

顔の歪みを矯正すれば、すっきりした小顔になりやすいので、整体などに行く時間がない人は、自力でケアすることをおすすめします。

顔の歪みの原因は、普段の生活習慣がいけない

顔の歪みは普段の生活習慣が原因の場合が多いので、まずはそれを改めることから始めましょう。

たとえば、頬杖をつく癖のある人はやめるようにし、噛み合わせが悪かったり、虫歯などが理由で片側だけで食事をするような人は、お近くの歯科医院で治療を受けるようにしてください。

両目の視力が違っている人も、意識せずに顔の一部に力を入れてものを見ているので、歪みの原因になりますので、メガネやコンタクトレンズが合っていないなら、自分に合ったものに作り直すようにしてください。

血の巡りが悪いのも顔に歪みは悪影響

肩こりがしやすい人も、血の巡りが悪くなっていて、顔に歪みが生じやすいので気を付けるようにしてください。

毎日入浴中にマッサージをしたり、湿布を貼るなどして対処するようにして、猫背の人も血行が悪くなりやすいので、座るときも立つときも姿勢をまっすぐにするよう、心がけることが大切です。

癖なので治すのは難しいという方は、姿勢矯正ベルトを使用してみたり、足を組んだり、片方の足に重心を置いて立つ癖のある人も顔が歪みやすいので、注意するようにしてください。

エクササイズを毎日行うことが効果的

顔の歪みを改善して小顔になりたいときは、生活習慣を見直し、セルフトレーニングやエクササイズを毎日行うことが大切です。

テレビを見ながらでも出来る簡単な方法が多く、小顔ストレッチ用の美容器具もあるので、空いた時間に実践するようにしましょう。

割りばしエクササイズで小顔になろう

おすすめのトレーニング方法は色々ありますが、割りばしエクササイズなら自宅で簡単に行うことが出来ますが、まず鏡を用意し、それを見ながら割りばしを口に加えて、下がっている側の奥歯で3分ほど噛むようにしてください。

それから下がっている方に特に力を入れつつ、左右の奥歯で5分ほどしっかり噛み、割りばしは噛んだまま、上の歯だけを見せるように口角を上げて10秒キープ、これを10回ほど繰り返せば終わりです。

毎日、続けるうちに徐々に口元のバランスが整うので試してみてください。

フェイストレーニングで小顔になろう

何の道具も準備もいらないフェイストレーニングなら、いつでも手軽に行うことが出来ます。

この方法はまず、口元の力を抜いて、ポカンと開くようにして、口を開けたまま、頭を右にゆっくりと傾け、そのままゆっくりと正面に戻してください。

左も同じように動かして、この一連の動作を左右5回ずつ行うようにして次に、口を開けたまま、右に首をゆっくり振って、そのままゆっくりと正面に戻します。

左も同じように動かし、左右5回ずつ行い、最後に上を向いて10秒ほどキープすれば終わりです。

スポンサーリンク