職場の人間関係に疲れた時の上手な付き合い方とは

挨拶だけはするように!

職場の人間関係に疲れた時の上手な付き合い方として、ご近所づきあいで挨拶だけをするようなことを思い出すといいでしょう。

あまり深く関わりたくない時には、この挨拶だけしておくというのが一つの方法です。

職場では必ず人と関わりを持つことになりますから、誰も相手にしないということは出来ませんので、人間関係に疲れたからといって無視をするのは良くありません。

それで仕事もやりづらくなることも考えられるようになり、簡単に挨拶をするだけしておけば、特に人から後ろ指さされるようなことはないと考えてもいいでしょう。

無理なら会釈だけでもするように

無駄に挨拶をしに行くような必要はありませんが、人間関係に疲れているわけですから、そのような元気もないでしょうが、廊下で出会ったり目があったりしたら会釈をする程度で特に話しかけなくても問題はありません。

話をすると逆に話しかけられることもありますが、会釈で話しかけてくる人はかなり少ないはずです。

この会釈は実は会話を相手にさせにくくする効果もあり、例えば会釈をして通りすぎることを考えてみます。

この人を呼び止めてまで会話をしてくる人はほとんどいないことがイメージ出来るでしょう。

会釈で相手に対する敬意は示していますから、これで文句を言う人もいませんし、不快に感じる人もいないでしょう。

人間関係を壊していくような行為は避けよう

基本的に人間関係に疲れたときは、最低限度のことはするというイメージでいるといいかもしれません。

自分から積極的に人間関係を壊していくようなことは避けるというイメージです。

例えば、挨拶をされても返事をしないというようなことは避けるようにして、いかに疲れていてもこれは相手に不快感を与えることになってしまうからです。

言葉に出して挨拶をするのが億劫であれば、手を上げたり会釈を返すなどのことを考えてもいいでしょう。

相手はそうした反応でも満足してくれます。

マナーを守り自然体でいよう

人間関係に疲れている時には人と会いたくないと思うものですが、職場で人と合わないことはまずありませんから、人にあった時のマナーは守るようにするというようにするといいでしょう。

これは、特に難しいことではなく、普通にしていればいいということで、ただ自分から積極的になることはしないというだけです。

職場でのマナーを守るというのは当然のことで、これは人間関係に疲れていてもいなくても関係ありません。

そして、これは意識的に守るというのではなく、働く人として普通の事を普通にすればいいだけのことです。

特に相手を困らせようなどとすることもなく、苦手だと感じるようなこともないようにします。

苦手な人がいることはあるでしょうが、それも意識しないようにするといいでしょう。

苦手だという意識が疲れる原因となることはかなりあります。

人は疲れる原因となるものは出来るだけ避けようとしますから意識をしてしまい、この意識はなかなか消すことができないのですが、ある程度の期間意識をしないようにすると無くしていけます。