太らない原因である胃下垂の治し方とは?

何を食べても太らない胃下垂の原因とは?

痩せていて何を食べても太らないという人がいますが、このような人の太らない原因のひとつに考えられるのは胃下垂です。

胃下垂の人は太らないというイメージがありますが、もともと胃下垂は痩せている人に多くみられ、タイプでは細身で身長が高く華奢な印象の女性などです。

生まれつきの体質である場合もありますが、きっかけがあって急に痩せてしまった場合になることもあり、太らないという体質の場合は、生活習慣が影響して胃下垂になることもあります。

特に食生活で暴飲暴食が続いたり、脂っこいものや甘いもの、刺激の強い食べ物を好んで食べたり、食事を摂る時間が不規則になり、夜寝る前に夜食を食べる習慣がある場合などは胃に負担をかけることになり、結果的に胃が下垂してしまうことがあります。

ストレスも影響することがあり、強いストレスを感じた場合、自律神経が乱れ胃の働きが悪くなり、胃の働きが抑制されてしまうと賞か不良が起こして肌荒れなどを起こしたり、胃も下垂することがあります。

太らない原因のひとつとして考えられる胃下垂は、胃の下の部分が垂れ下がり骨盤内に落ちた状態で、病気ではありません。

太らない原因のひとつ胃下垂の症状とは?

胃が通常よりも下に下がっているため消化不良になりやすく、ストレスにより胃の動きが悪くなり胃酸の分泌が低下すると食事に不快感があったり、痛みなどがみぞおち周辺に生じたり、めまいや肩こり、頭痛など自律神経失調症のような症状が出ることもあります。

華奢で痩せている人で何を食べても太らない原因は胃が下垂しているためとして知られていますが、実際には太らない原因に胃が下垂していることは因果関係は認められていないのです。

華奢で痩せている人は胃が下垂しやすい傾向ではありますが、それは痩せているため腹部の脂肪や筋肉力が少ないことや、体型や華奢で身長が高いため胴が細長く胃もそれに合わせて収まるような形になっていることです。

また、胃が下垂していると消化不良を起こしやすい傾向もあるため、消化が十分にできないために栄養を十分に吸収することができず、太りにくくなっていると考えることもできます。

消化が十分にできない胃下垂を治す方法とは?

胃下垂を治す方法は生活習慣を改善することで、生活習慣の改善といってもいくつかありますが、特に食生活の見直しは大切です。

脂っこいものや脂肪の多いものなどは消化に悪いため控えるようにして、消化の良いものを食べるようにします。

食事は適量を良く噛んでゆっくり食べ、食べ過ぎに注意して、食生活以外の生活習慣の改善は良質な睡眠や適度な運動を行うことでストレスを軽減することもできます。

胃が下垂していることで何か症状がでている場合は、病院を受診して内服薬を処方してもらうことも必要です。

胃もたれなどは胃の運動機能を改善する薬が処方されたり、空腹時にみぞおちあたりに痛みなどがある場合は、胃酸の分泌を抑える薬が処方されます。

また、腹部の筋肉量が少なかったり、脂肪が少ないことで胃を支えることができないことが原因の場合は、下腹部も同じような状態になり便秘になることもあり、胃の下垂を治すことは便秘の改善にもつながります。