IgG検査と呼ばれる遅延フードアレルギー検査とは?

IgGとは

本来、体の免疫機能は体に対して有害性がある物質、たとえば病原菌などに対して作用するようにできています。この免疫機能があるからこそ病気にかかりにくかったり、かかったとしても症状が軽く済んでいることも少なくありません。しかし、ごくまれに体に対して有害性がない物質に対しても免疫機能が作用してしまうことがあります。そうして引き起こされる症状のひとつがアレルギーです。

これは有害性のない物質、食べ物や花粉などに対してIgGと呼ばれる抗体ができてしまうのが原因です。よって、自分が何に対してアレルギーを持っているのかを検査したいと言う時には、IgG検査、体の中に何に対しての抗体ができているのかを調べるのが一般的な内容です。

即時型アレルギーと遅延型アレルギー

アレルギーの中には、原因物質を摂取したからと言って即座に症状が出てくるものだけとは限りません。こうした、症状が即座に出てくるアレルギーは即時型アレルギーと呼ばれています。対して症状が表立っては出てこない、体の中でじわじわと時間をかけてアレルギー反応による炎症などが引き起こされているアレルギーは、遅延型アレルギーと呼ばれています。

遅延型アレルギーによる炎症は細胞の活動に影響をもたらすため、それにより様々な症状、疲労感や肌の症状、関節や筋肉の痛みなどが引き起こされるとも言われています。ところで、通常の検査でわかるのは、即時型アレルギーの抗体があるかどうかだけです。そこで、遅延型の抗体があるかどうかは専門的に検査する必要があります。遅延フードアレルギー検査は、遅延型アレルギーの内、食べ物に限定したIgG検査のことです。これにより、自分の体の中に遅延型アレルギーを引き起こす、食べ物に限定したIgG抗体があるかどうかがわかります。

普段、食べている食べ物は日常的なものだからこそ、体への影響力は大きいです。もし、その中に遅延体アレルギーを引き起こす食べ物があった場合、知らず知らずの内に少しずつ細胞などに対してダメージを与え、様々な症状を引き起こすことになっています。ですから、遅延フードアレルギー検査を受けて、このような状態を回避するのは重要なことです。

遅延フードアレルギー検査でアレルギーのリスクを知る

遅延フードアレルギー検査において、どんな食べ物に抗体があるのか、その数は検査を受けるクリニックによって異なります。せっかく検査を受けるのですから、やはりできるだけ多くの種類の食べ物に対しての検査を受けておいた方が良いです。この検査により特定の食べ物に抗体があるとわかった場合には、然るべき対処を取ります。半年程度、その食べ物を一切、口にしないだけでも疲労感や肌荒れなどの症状が緩和されていくこともあります。

更にもうひとつ、この検査にはメリットがあります。それが将来的に発生するかもしれないアレルギーのリスクを知ることができる、それを減らすことができると言う点です。これも知っておいて損はありませんから、その点においてもこの検査は受けておいた方が望ましいです。