口がネバネバする原因と解消方法

口がネバネバする原因

口がネバネバする原因として考えられるのは唾液が少なくなっていることです。この唾液がネバネバする原因と考えている人もいますが、実は唾液というのは口の中を清潔に保つ役割も果たしているのです。ですから、唾液が少なくなると細菌を殺菌することが出来なくなって細菌が増殖することになり、これによって口の中がネバネバしたり、口臭がするようになったりするということになります。朝口がネバネバすると思うことがある人が多いでしょうが、これは口の中の唾液が少なくなっていることで、こうしたことが起きているからです。起きて活動をするようになると口の中で唾液が出てくるので、これが解消されてネバネバも解消されていくので、知らない間にこうした感覚がなくなっているということになります。

口の中の細菌を増やさないということが課題

よく口がネバネバしていると、歯磨きをすることで解消していると考えている人も多いのですが、実際には歯磨きでネバネバ感が無くなるというよりは、歯磨きをすることで唾液が多く出てくることで、こうしたネバネバ感が解消されているということです。もちろん、歯磨きによって最近はかなり減少していますから、これによる効果もあります。ですから、この口がネバネバする感覚の解消方法としては、出来るだけ唾液を作るようにすること、細菌を増やさないようにするということが課題です。唾液は加齢によってもなくなる傾向があるので、年齢がいくとある程度こうした感覚が出てくることは仕方がありませんが、細菌を増殖させないということで、この口がネバネバする感覚を無くしていくことも出来るようになります。

就寝前の歯磨きが特に重要

基本的には歯磨きで、特に寝前に歯磨きをして殺菌をするとともに、唾液を増やしておくということには大きな意義があります。就寝中はなかなか唾液が増えませんので、まず就寝中に唾液をコントロールすることは出来ませんから、出来るのは眠る前に唾液を増やしておくということになります。歯磨きは唾液を増やしておくだけではなく、殺菌を減少させておくことが出来るので、口臭やネバネバの原因となる殺菌対策としては最適と考えてもいいでしょう。眠る前には必ずするようにすべきで、人によっては朝に歯磨きをするので、眠る前にはしないという人もいるかもしれませんが、ネバネバ対策としては、眠る前と寝起きとでは全く意味が変わるということになります。

過度なストレスには気を付ける

また、日中はストレスをためないようにすることも大切で、過度なストレスがかかると人は口の中が渇くようになります。これはおさらく口の方まで意識がいかなくなるためだと思われますが、この状態になると口の中では唾液がすくなくなって細菌が増殖することが出来るようになります。ですから、意識的にうがいをしたりするようなことで、唾液を増やしておくとともに、ストレスをためないようにすることも必要です。水をこまめに飲むというのは、ストレス対策としてもいいので、これを意識的に行うのもいいでしょう。