無趣味の男が女性に好かれない理由とは?

無趣味の男が女性に好かれない理由とは

無趣味な男は「退屈なイメージ」を与えてしまう

無趣味な男は女性から好かれにくいと言えます。

好かれない理由は「退屈なイメージ」を与えてしまうからです。

女性は感情的で喜怒哀楽が激しい傾向にあります。

しかし、男性は思考タイプの人が多いですから、楽しみや喜びを捨てようとする事が多いと思います。

全ての男性が思考タイプと言えませんが、”すべき・こうあるべきだ”と考える人は少なくないです。

義務を優先して、趣味は置き去りになる人がけっこう多いですから、注意して欲しいと考えます。

無趣味な男は趣味がない無いために会話が弾まない

趣味がないと会話が弾まないでしょう。

仕事や日常生活の話なら話が進行したとしても、相手から楽しいと感じられるか分かりません。

しかし、多趣味な人は色々な世界にチャレンジしていますから、話題や経験も豊かです。

サーフィンが趣味ならどんな時に波が来やすいか、ボードを使ってどのようにプレイするか、経験を踏まえて相手に話せるはずです。

場合によっては、サーフィンを知らない人を誘って、一緒に楽しむことも出来ます。

けれども、無趣味な人は楽しいと思うことを相手に進めて、「趣味の共有」しようとしません。

或いは「趣味の共有」のやり方を知らない場合は否定できません。

無趣味な方を見つけたら、対応に気をつけてください。

無趣味な男は単純に会話をしていても楽しくない

別の原因として、無趣味な男が女性から好かれない理由は、会話をしていても楽しくはないからです。

全ての人が当てはまる訳ではありませんが、趣味が無い男は真面目なイメージを与えたり、人に興味がない印象も与える場合もあります。

反応の捕らえ方も様々ですが、女性は勘が鋭くて、人の心の動きを読み取りやすい傾向があり、自分に興味無い人は分かってしまいます。

男も「趣味の共有」をしたいなら、必ず態度や顔に出すのがポイントです。

もしも、お互いに楽しみ合いたいなら、多趣味な男を見つけた方が良いと思います。

無趣味な男になる理由とは

無趣味な男になる理由はたくさんあります。

義務(しなければいけない事)を優先してしまう

先に挙げた通り、「義務(しなければいけない事)」を優先してしまって、趣味を置き去りにしてしまう場合は否定できません。思考タイプの男は自分の感情を切り捨てて、したくない事や理想を優先します。

自分に興味が無い

「自分に興味が無いのかもしれません」。趣味が多い人は感情的・感覚的で好奇心が旺盛だと思います。自分にも相手にも興味があって、楽しいことに目を向けやすいはずです。しかし、自分に興味が無い人は、自発的に楽しもうとしないですから、気持ちが平板化してしまう事があります。できるなら、多趣味な女性が、自分に興味を持とうとしない男をリードしてあげて欲しいと思います。もしかしたら、無趣味な人は大変な状況に置かれているかもしれないです。

仕事に追われている可能性がある

・「仕事に追われている可能性があります」。趣味をつくる余裕がないと、楽しみが限定されてしまうのもネックです。失礼だと思うかもしれませんが、多趣味な方は自分の時間を持っていて、遊ぶ余裕はあります。仕事に追われている方は趣味すら作れない状況でありますから、理解してあげて欲しいです。