腸内細菌で老化防止ができる理由

老化する理由

腸の状態は人の健康を知るためのバロメーターと言われています。

その理由は腸内にはおよそ100兆個もの腸内細菌がいて、その腸内細菌によって消化が良くなって健康的な体をつくる事ができる場合もあるし、有害物質がつくられて体に様々な悪影響を与えることもあるからです。

その悪影響の中には老化も含まれており、肌のハリや潤いなどが失われるだけでなく、体力の低下や病気になりやすくなるといったことが懸念されます。

腸内細菌の種類

では、どうすれば腸内環境を良い方向に向けることが出来るのかということを考える時、重要なポイントは腸内細菌です。

腸内環境をつくりあげる腸内細菌は善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類に分けることができます。

善玉菌の働き

善玉菌はヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌が有名ですが、腸の蠕動運動を助けて消化吸収を良くして免疫力を高めるといった働きがあります。

悪玉菌の働き

悪玉菌はブドウ球菌が代表的で町にあるものを腐敗させてアンモニアのような有害物質を作り出し免疫力を低下させる働きがあります。

日和見菌の働き

そして、日和見菌は善玉菌にも悪玉菌でもなく、どちらの側にもなる厄介な存在です。でも日和見菌が腸内細菌のおよそ7割ということで最大の勢力となっています。

腸内細菌で老化防止

善玉菌と悪玉菌は常にせめぎ合っているのですが、善玉菌が優勢になれば悪玉菌の働きは抑えられて、健康を維持する事ができます。

でも、悪玉菌が優勢になれば日和見菌も悪玉菌の味方となり健康が損なわれ老化が加速します。

善玉菌が優勢になるようにする

腸内細菌で老化防止をしたいのであれば、善玉菌が優勢になるよう努力する事が必要です。

単純に考えれば善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が含まれているヨーグルトやチーズを積極的に食べれば増加します。

でも、それだけでは一時しのぎにしかなりません。善玉菌を活発にさせたいのであれば、適度な運動をして筋肉をつけて腸の蠕動運動を助けて有毒物質や老廃物を排出しやすくすることが大切です。

善玉菌のエネルギー源も必要

それから食事で善玉菌以外のことも気をつけなければいけません。善玉菌が活動するためにはエネルギー源が必要です。

善玉菌の餌となる栄養素としてオリゴ糖がありますから、オリゴ糖を多く含む納豆や豆腐などの豆を使った食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

排便を活発にするためにもごぼうやさつまいもなどの食物繊維をよく食べるようにしましょう。

悪玉菌を優勢にさせる脂っぽい食べ物や肉などの動物性蛋白質を摂りすぎないようにしておきましょう

ストレスが善玉菌を減らしてしまう

日々の生活ではストレスが善玉菌を減らしてしまう要因となります。

仕事や家事で嫌なことがあれば友達とカラオケをしたりスポーツをしたりしてストレス解消をしていきましょう。

家ではゆっくりと風呂に入ったり、寝るときにはアロマを使ってみたりするのも効果的です。

現在、自分の善玉菌と悪玉菌のどちらが優勢なのか知りたいというときには、病院で調べたり、自宅でも検査キットを検査機関に郵送することで調べることが可能です。