外資系企業に転職するために必要なスキルとは?

英語に関するスキルは必須

外資系企業に転職を考えているのなら、絶対に身につけておきたいのが英語に関するスキルです。ネイティブレベルに話せる必要はありませんが、周囲の人たちと英語でコミュニケーションを取れるくらいには話せなければなりません。日本国内にある外資系企業の場合、社長やディレクターなどは外国人である可能性が高いのですが、社員の多くは日本人です。ですから、上層部とコンタクトを取る機会がなければ英語力は必要ないのではと思う人も多いようですが、米国などに置かれている本社の人や各国のにある支店の人たちと話す際にはやはり英語がメインとなります。各拠点に担当者がいて、その人たちとやり取りをするようなケースでは日本語というわけにはいきませんので、英語をしっかりとマスターしておかなければなりません。

英語が話せれば良いというわけではない

仕事関連の会議やメールなども英語を用いることになります。打ち合わせが思うようにできなかったり、必要に応じて商談ができるようなレベルになりと、仕事のスキルが足りない人だと思われてしまいます。外資系の厳しいところは、スキルがないと判断されると評価に直結してしまう点であり、スキルさえあれば年齢は関係ありません。そもそも、外資系企業に転職する時には、入社試験で英語が必要ですので、そこをクリアしなければ入社後の心配をする意味もありません。

特定の技術に関するスキルがかなり重要

英語力以外では、技術系の職種の場合にはその技術に関するスキルがかなり重要視されます。即戦力を求める傾向が強いので、特定の技術に関して秀でていれば採用される可能性が高くなります。技術職で採用されたいと考えているのに英語力しかない場合にはかなり厳しくなりますので、自分の希望する仕事に応じてスキルを高めていく必要があります。求人にはその必要なスキルが記載されていますが、日本企業のような曖昧な書き方で幅広い意味合いを持たせるのではなく、具体的に特定のスキルを持つ人材や特定の資格を取得している人材を対象として明記するケースも多いようです。

英語にプラスして特定のスキルも身につけておく

英語力にプラスして特定のスキルも身につけておくと非常に役に立ちます。スキルの面では国内企業でも同様ですが、外資系の場合にはよりピンポイントなスキルを求められるということです。英語に関しては教科書に出てくるようなものではなく、実用的な英語を見につける必要があります。また、特定の業界でしか使われない単語などもありますので、自分の就きたい仕事に関連する分野に関しての英語力を身につけておくことも忘れてはいけません。いずれにしても、外資系企業に転職したいと思いついてからすぐに動けるようなものではありません。しっかりと準備をして、必要な英語力やスキルを身につけることで道が開けます。スキルに関しては、入りたい企業を先に選ぶのか、スキルに合わせて企業を選ぶのかによっても活動方法が違ってきます。その辺りは実際に転職活動をする人が自分の都合で決められる部分です。