本当に怖い動脈硬化の予防や改善方法とは?

動脈硬化とは

動脈硬化とは、文字通り動脈が硬くなってしまう病気のことをいいます。コレステロールや中性脂肪がたまったり、つまる、硬くなることによって動脈の血管の弾力性や柔軟性が失った状態です。このようになると血液はスムーズに流れなくなってしまい、酸素や栄養を臓器や筋肉などの組織に十分な供給が行われなくなったり、高血圧によって血管が常に負担がかかってしまっていると、動脈は弾力性を失って硬くもろくなってしまいます。この症状が進行すると、狭心症や心筋梗塞などの心疾患や脳卒中や脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患などを引き起こしてしまう可能性があります。

動脈硬化の原因とは

動脈効果が引き起こされる原因としては、食事や運動、ストレス、飲酒や喫煙など総合的な生活習慣が大きく影響することがわかっています。動物性脂質の多い高カロリーな食事を続けていることで、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増えて過酸化脂質を増加させ、血管壁に付着することで血管を詰まらせたり、血管が破れる原因になったりします。運動不足もエネルギーの消費ができずに、高血糖・高脂血状態になる原因になります。そのため、これも血管に中性脂肪が付着することなどにつながります。血管は年齢とともに硬くなっていきます。しかし、動脈硬化は急に現れるわけではなく、若い頃から始まっている症状で、40歳を過ぎる頃に症状が現れることが一般的です。つまり、予防を行いたいという場合には、若い頃から行っていくことが必要となります。また、症状が現れてからも改善することは十分に行うことができます。

動脈硬化を予防や改善方法とは

予防や改善を行う方法としては、生活習慣の見直しを行うことが重要です。見直すべき習慣の一つは、まず食生活になります。食事を食べ過ぎている、肥満、特に内臓脂肪が多いという場合は動脈硬化を進行させることにつながります。内臓脂肪型の肥満はお腹が出ていることが特徴で、BMIだけでは判断できないこともあります。男性の場合は85㎝以上、女性の場合は90㎝以上の腹囲のサイズがある場合には注意が必要です。食事をするときには、腹八分目を心がけて満腹にならないように食べすぎに注意していきます。脂質の摂取量も注意するべき点です。バターや肉の脂身などの常温で固まる油はコレステロールを増やします。反対に青魚やオリーブオイル、エゴマ油に多く含まれる不飽和脂肪酸は常温で固まらない油は、血栓を防ぐ、悪玉コレステロールを減らすなどの効果が期待できます。コレステロール、食塩、アルコールなどは取りすぎないように気をつけます。コレステロールを腸で吸収するのを抑えて排泄を促す作用のある食物繊維をしっかり摂取することもオススメです。ウォーキングなどの運動は一回30分以上、週3?4回程度行うと有効ですが、難しい場合には1日10分歩くだけでも体には良い効果を得られます。その他、血管を硬くするタバコは吸わない、ストレスを溜めない、質の良い睡眠をとるなどが大切です。