玉ねぎの効能を知って美容も健康も手に入れる方法

玉ねぎには血管機能を改善する機能がある

玉ねぎは、体に良い食品なので、様々な料理に利用されていますが、スライスしてサラダに入れても煮込み料理や炒め物に使っても美味しいです。玉ねぎは、ダイエットをサポートする野菜としても知られていてケルセチンが含まれていますが、このケルセチンは、ポリフェノールの一種で、血液の流れをスムーズにします。人間は、食事によって栄養を摂取して全身に循環させますが、その過程で血管に負担がかかり、一時的に血管の機能が低下します。玉ねぎには、血管の機能を改善する効果が期待できるのです。

玉ねぎには生活習慣病の予防効果がある

玉ねぎに含まれる、硫化アリルは、健康に良い効果が期待できます。よく知られているのが、血栓を溶かす働きです。血栓を溶かし、血液の凝固を阻害するので、糖尿病や動脈硬化、高血圧症などの生活習慣病や循環器系の病気を予防することができます。

玉ねぎには美容にも良い機能がある

硫化アリルには抗菌作用があり、免疫力を高める働きもあります。また、新陳代謝を促すので美容にも良いのです。脂肪燃焼を促すビタミンB1と結合すると、ビタミンB1の吸収力を高めることができ、ビタミンB1は多くの栄養ドリンクに配合されているビタミンで疲労回復に役立ちます。ビタミンB1は、大量に摂取してもすぐに尿として体外へ出てしまいます。しかし、野菜と一緒に摂取することで、体内に長く留まります。すると、ビタミンB1をゆっくりと吸収できます。

玉ねぎにはむくみを改善する機能がある

玉ねぎには、カリウムが多く含まれていますが、カリウムはナトリウムの排出を促します。また、体の水分を尿として排出するので、むくみの改善にもつながります。日本女性は、むくみに悩んでいる人が少なくありません。むくみには毎日のマッサージが効果的ですが、食事も重要です。代謝が良くなると、むくみの改善につながり、ダイエットをしても痩せやすくなります。

玉ねぎを切ったときに涙が出る原因

ねぎ類は、切った時に目が痛くなり涙が出ることがありますが、その原因は、硫化アリルです。硫化アリルが鼻から入ると、目を刺激して涙が出ます。目が直接刺激を受けて涙が出ているように見えることが多いのですが、実は鼻からの刺激で涙が出るのです。マスクをして調理をした場合は、鼻が刺激されないので涙も出ません。

玉ねぎを切ったときに涙を流さない方法

ダイエットなどで玉ねぎを使う場合、調理の途中で涙が出るのを避けたい人は、硫化アリルが気化し辛くなるように、切る前に冷やしておくといいです。また、細胞をなるべく破壊しないように、切れ味が抜群の包丁で切ります。線維に対して垂直に切るといいです。レンジで温めると、硫化アリルが蒸発するため、包丁で切った時に気化する量が減り、刺激が少なくなります。

キッチン用の小さな扇風機を使っている人もいます。上方に空気の流れを作り、気化した硫化アリルを届かなくする方法です。成分が届く前に風で飛ばしてしまう裏技は好評です。硫化アリルは水溶性なので、サラダに使って生で食べる場合、長時間水にさらすと栄養が溶け出してしまいます。新玉ねぎであれば辛みが少ないので、薄く包丁でスライスすれば、そのまま使えます。