無添加基礎化粧品の効果と選び方とは?

無添加基礎化粧品の効果と選び方とは?

無添加基礎化粧品とは?

最近、無添加基礎化粧品の人気が高まっているようですが、無添加基礎化粧品とはどのようなものなのでしょうか。

本当に無添加基礎化粧品とは安全なものなのでしょうか。

そもそも無添加とは何も添加されていない、配合されていないという意味です。

多くの場合、無添加基礎化粧品としか書かれていませんが、無添加なのは香料なのか、着色料なのか、これだけでは何もわかりません。

無添加という言葉の意味をきちんと理解していなければ、イメージだけで安心してしまいます。

もともと、表示指定成分を配合していない基礎化粧品を無添加基礎化粧品といいました。

表示指定成分というのは1970年に厚生省がアレルギーを引き起こす可能性のある成分として指定したものです。

表示指定成分が配合されていない基礎化粧品が、無添加基礎化粧品ということでした。

2001年になると表示指定成分制度そのものがなくなり、化粧品メーカーは配合された成分をすべて表示しなければならなくなりました。

何が配合されている基礎化粧品かが、誰にでも理解できるようになったわけです。

とはいえ、イメージで無添加基礎化粧品という言葉を広告に打ち出して、商品を売り込んでいる会社もあります。

何をもって無添加と表現しているのかよくわからない基礎化粧品もあります。

無添加基礎化粧品といっても、成分はさまざまなのでしっかりと知識を持って選んだほうが良いでしょう。

無添加基礎化粧品の効果は?

毎日使う基礎化粧品を無添加のものにする人が増えています。

無添加基礎化粧品とは肌にさまざま影響を与える成分が入っていない化粧品のことをいいます。

石油から作られた成分を使った化粧品は少なくありません。

敏感肌の人は、外からの刺激ですぐに肌荒れを起こしてしまうことがあります。

肌が荒れると乾燥してカサカサしたり、かゆみが生じます。

敏感肌の人は、肌本来の防御機能が何らかの理由で低下しているため、刺激に負けやすい状態になっています。

バリア機能とは外部からの刺激を跳ね返すものです。

改善するためには規則正しい生活と、肌の質を改善する体質改善をする努力が必要です。

なかなか簡単にできるものではないので、根気よく続ける必要があります。

環境と体質が改善されるまでの間は肌にできるだけ優しい基礎化粧品で肌のお手入れをする必要があります。

無添加基礎化粧品ならば肌への刺激がマイルドなので、肌が刺激に弱いという人でも安心して使えます。

肌のバリア機能が強化されるまでは、無添加基礎化粧品を使いつつ、睡眠の質を上げたり、食事を見直すなどして体質改善に努めるといいでしょう。

敏感肌のつもりがなかったという人でも、これまで使っていた化粧品の刺激に肌が負けることがあります。

無添加の基礎化粧品に変えてみるのもおすすめです。

無添加基礎化粧品の選び方は?

無添加基礎化粧品は敏感肌の人にもおすすめの化粧品です。

さまざまな種類の化粧品の中からどのように自分に合った無添加基礎化粧品を選べば良いのでしょうか。

無添加基礎化粧品とは、アレルギーの可能性があるという表示指定成分及び合成剤が一切配合されていない基礎化粧品のことを指しています。

現在のところ、無添加基礎化粧品には、言葉自体に明確な定義がありません。

合成剤や指定成分を使っていない基礎化粧品でも、指定成分以外の着色料や防腐剤が使われていることもあります。

無添加基礎化粧品を実際に選ぶ場合には、名前だけで判断せずにしっかりと表示されている成分をチェックすることが大切です。

化粧品の成分と聞くと難しそうイメージがありますが難しいものではありませんので大丈夫です。

化粧品の成分の見分け方については、インターネットのサイトなどで見ることができます。

口コミサイトで無添加基礎化粧品の使用感や肌への刺激の強さなども知ることができます。

無添加基礎化粧品を選択する時には、情報チェックをした上で安心して使えるものを探しましょう。

無添加であれば、どの基礎化粧品も肌にいいということはできません。

トライアルセットやサンプル品を数日間使ってみることが重要になります。

無添加基礎化粧品はじっくりと時間をかけて選ぶのがおすすめです。