アドレナルファティーグ(副腎疲労)の原因と対策を考える!

アドレナルファティーグ(副腎疲労)の原因と対策を考える!

アドレナルファティーグとは?

近年注目され始めている健康を意識する概念のひとつに「アドレナルファティーグ」があります。

アドレナルファティーグとは、日本語では「副腎疲労」あるいは「副腎疲弊」と訳され、副腎機能低下を意味しています。

具体的に、副腎機能低下の代表的な症状が一般的に言われる「疲労」であり、例えばベッドから起き上がることが困難になったり、消化能力の低下、代謝能力の低下、血液の循環系の異常、そして性欲の減退といった身体中に大きな変化をもたらします。

体型の変化といった外面の変化にも出る!

また、臓器に不調をきたして体の内部に影響を及ぼすだけでなく、体型の変化といった外面にまでも副腎疲労の影響が出ることが報告されています。

これらの全身の不調は他の要因で引き起こされることももちろんありますが、原因不明の不調である場合、副腎機能低下を患っている可能性が示唆されます。

しかしながら、アドレナルファティーグとは前述したように多くの症状を広義にとらえた概念であるため、医師がその診断を下すことは容易ではなく、不調を抱える本人でさえ漠然とした不調を一時的な軽い疲れととらえてしまいがちです。

しかし、副腎は身体機能に影響を及ぼす重要なホルモンを分泌する臓器であるため、一度副腎の機能が低下するとさまざまな不調が出てしまうので甘く見てはいけません。

アドレナルファティーグを引き起こす原因とは?

それでは、アドレナルファティーグを引き起こす原因とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

これも前述したように広義の「ストレス」が主な原因となっています。

同じ事象でも人によって感じ方や捉え方が異なるようにストレスもまた一人一人感じ方が異なります。

身体的なストレスや感情的なストレス、心理的なストレス、あるいは環境からくるストレスなど、挙げたらきりがないほどにストレスの種類は存在します。

ところが、これら全てのストレスが副腎機能を低下させる要因となる可能性をもっており、どんなに小さなストレスだとしても積み重なっていけば最終的には副腎の機能低下を招く事態に発展しかねないということを考えなければいけません。

アドレナルファティーグに対する効果的な対策とは?

それでは、アドレナルファティーグに陥らないようにするために効果的な対策とはどのようなものがあるのでしょうか。

根本原因がストレスであるならば、ストレスからの回避、ストレスへの対応そしてストレスを積極的に消化するというこの3点を意識することが大切といえます。

まずは日々の生活を見直して、ストレスを抱える環境に身をおいていないか振り返る必要があります。

もし避けられるのであれば、少しそのストレス要因から距離を置くように回避策をとってみるのも良いでしょう。

また、生活の中で幸福感を得られるように趣味を再開したり逆に新しいことに挑戦してみたり、あるいは何もせず十分な休息をとるようにリラックスした状態に身をおく時間を設けるだけで心身のストレスは軽減されることもあります。

ストレスの解消法に答えはなく、これも自分に適したものを探さなければなりません。

ストレス解消を重く考えるのではなく、新たな自分探しと思ってストレスを抱えずに解消できる方法に出会えることが、アドレナルファティーグの一番の対策となりえるといえます。