抗がん剤の効果と恐ろしい副作用の実態とは?

抗がん剤の効果と恐ろしい副作用の実態とは?

がん治療の三大柱とは?

現在のがん治療の三大柱は、手術と放射線治療、抗がん剤を使用した化学療法で、がんの根治には手術でがん病巣を除去するのがベストの選択ですが、がんの広がりによっては手術のみで完治を望めないこともよくあります。

周辺のリンパ節に転移していたり、解剖学的に広範囲の浸潤や転移が懸念される場合には、手術以外の治療方法で根治を目指すほかありません。

手術によるがん治療の現状とは?

例えば、女性に多い乳がんでは、乳房周辺にあるリンパ節への転移が比較的早期より発見されることは少なく、手術前の検査では転移の有無は確認できなくても、手術の際の病理標本の採取でセンチネルリンパ節への浸潤や転移が発見されることもよくあります。

このような病状では、手術範囲を拡大して周辺のリンパ節を大量に切除することも余儀なくされることは珍しくありませんので、外科的にがん病巣を完全に除去できなければ、補助的な治療法で対策を施すほか選択肢はありません。

しかし、放射線治療はがんの組織型や発生部位によっては、必要十分な放射線を照射できなくなり途中で頓挫することもあり、とりわけ、脳や肺など、高度の放射線被ばくを受けると、間質性肺炎や放射線治療後の認知症の発症のリスクが非常に高まります。

薬によるがん治療の現状とは?

そのような条件にあってもがん細胞の増殖を抑制したり、がん増殖に関連する遺伝子情報に着目した治療法を模索したりと、様々な治療法の模索が続いています。

従来からがんを薬で治癒できないかどうかの、新薬を巡る研究は世界各国で繰り広げてきました。

その成果として、男性の睾丸に発生する生殖器に発生するがん患者については、白金製剤の薬を使用することで肺転移が見られた患者様でも、救命される患者様が増えています。

これ以外にも白血病や,などの造血器関連のがん疾患では抗がん剤で救命される途はひらけてきたのは確かですが、しかし、抗がん剤の使用に当たっては抜け毛や口内炎、下痢などの副作用への万全の対策を講じる必要があります。

おまけに新薬を使用しても全ての患者様に想定している改善効果が見込めるとは断言できません。

放射線によるがん治療の現状とは?

放射線治療は局部的にがん細胞が密集して増殖している病巣には有効ですが、全身に転移した微小ながん細胞を除去するのはほぼ不可能です。

抗がん剤の副作用の実態とは?

しかし、近時ではガン細胞への働き方の性質に着目して、新薬が登場しているものの、長期間の服用が余儀なくされることもしばしばあります。

忘れてはならないのは治療効果はさほど見込めない割には、重篤な副作用のリスクが高い点です。

このような困難な状況での治療を継続するためには、副作用がすこしでも軽くなるように注意深く警戒を怠らないことが重要あることは論を俟ちません。

そのような状況で処方されるのが、抗がん剤です。

この薬はガン細胞の増殖を妨げたり、ガン細胞が得的にするたんぱく質に作用してガン細胞の増殖を抑制することを期待して投与されますが、懸念される副作用の割には、生存期間はせいぜい数か月単位のため、抗がん剤での治癒は難しいのが現実です。