悪玉コレステロールは本当に悪なのか?

悪玉コレステロールは本当に悪なのか?

コレステロールとは?

コレステロールは、体内の中にある脂肪分の一種です。

脂肪は悪いものという先入観がありますが、増えすぎるのが問題であり体には必要な物質です。

コレステロールは、体の細胞の膜を形作る、性ホルモンや副腎皮質ホルモン、胆汁を作るための材料としても働きます。

また、ビタミン類を代謝する働きもあり人間には必要不可欠な成分です。

人間はコレステロールを食品から摂取しています。

体内にはコレステロールを一定の状態に保つ働きが働く常に安定していますが、何らかの要因によって量が増加すると動脈硬化などの病気を引き起こしてしまいます。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いは?

コレステロールと一言で言っても、善玉コレステロールと悪玉コレステロールと呼ばれるものの2種類に分けられます。

コレステロールは血液の中に流れ込むとたんぱく質と結合する性質があり、結合したものをリポタンパク質と言います。

このリポタンパク質が悪玉コレステロールと善玉コレステロールになります。

悪玉の方は肝臓で作られたコレステロールを全身に運んで、善玉の方が余ったコレステロールを回収する働きがあります。

悪玉の方は、増えすぎてしまうとコレステロールが血管壁に付着して動脈硬化の原因になり、逆に少なすぎると脳出血の原因になってしまいます。

善玉、悪玉と呼ばれるコレステロールですが、悪玉コレステロール自体は体に悪い影響を及ぼす作用があるわけではなく、増えすぎてしまうことが問題なのです。

悪玉コレステロールは本当に悪なのか?

悪玉というと悪いことばかりするコレステロールに思われますが、逆に少なくなりすぎるとホルモンが作られなくなったり、細胞膜をしっかり作ることができずに血管壁が薄くなってウイルスなどの侵入を容易にしてしまいます。

免疫力が低下してしまい、がんの発症率も高くなるとされています。

また、肝臓で作られる胆汁酸も減ってしまうことで消化能力も低下します。

つまり悪玉コレステロールは多くても問題で、少なくても問題だといえます。

大切なのは、善玉コレステロールとバランスがとれた状態になるということです。

コレステロールのバランスをとるため食事とは?

コレステロールのバランスをとるためには、食事の内容が大切です。

健康に良いからと野菜ばかり食べていると悪玉コレステロール値が下がってしまい、肉類などの脂質を中心に食べていると逆に上がってしまいます。

コレステロール値が低い場合には、肉類や魚類、乳製品などを積極的に食べるようにします。高い場合には野菜やキノコ類、海藻類を多く取るように心がけていきます。

どちらかに偏った食事は問題が出てきてしまうため、食材はバランスよくとることが大切です。

食事の調理方法によってもコレステロール値は変わってきます。

揚げる、炒めるなどは多くなってしまい、茹でる、湯通しするなどの調理方法は低くなります。

また、食事を改善したのに数値が高い、低いと言う状態が続くのであれば病気の可能性も考えられます。

その状態が続くのであれば、きちんと病院で検査することをおすすめします。