ヒゲ脱毛をして毎朝めんどくさいヒゲ剃りからおさらば!

ヒゲ脱毛をして毎朝めんどくさいヒゲ剃りからおさらば!

ヒゲ脱毛とは?

ファッションとしてヘアスタイルのアレンジをするように、男性のヒゲはおしゃれとしても伸ばしている人がいます。

しかし、職場でヒゲを伸ばすことを禁止されているという人になると、毎朝のヒゲ剃りに苦労することにもなってしまいます。

ヒゲ剃りの手入れをより楽にするためにも、ヒゲ脱毛は大いに活躍することになります。

ヒゲ脱毛は、ヒゲが濃い人だけが利用している施術ではありません。

ヒゲが薄いという人でも、身だしなみとして毎日剃らなければならないことになり、ヒゲ脱毛を受けていくと太かったヒゲも次第に細い毛質に変化をしてさらに生えにくくなってくるので、朝の忙しい時間に手間取ることもなくなります。

他にも、ヒゲ脱毛は肌が弱い人にも役立つ施術となります。

ヒゲ剃りのために毎日カミソリの刃を肌にこすりつけていれば、カミソリ負けの原因にもなってきます。

できる限りカミソリの刃を肌に当てない習慣を作る必要があり、剃った後に肌がヒリヒリとした痛みがする人や、できものができて血が出てしまい止血に時間を取られてしまうことがあるというトラブルに悩まされている人にもおすすめです。

ヒゲ脱毛の種類は?

ヒゲ脱毛は、光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つの方法から選ぶことができます。

予算重視で安く脱毛をしたいというのであれば光脱毛が向いており、肌にもやさしい光を使用するので肌トラブルにも比較的安心して受けることができます。

施術の後には肌の手入れをしてもらえるというのもサロンならではのサービスの一つであり、しっとりとした美肌にもなります。

一方、もうヒゲ剃りに惑わされたくないという人であれば、医療レーザー脱毛が向いています。

永久脱毛をすることができるので、完全にヒゲ剃りからおさらばできることになります。

しかし、毛が生える組織を破壊して毛を作ることができなくなってしまうので、10年後にヒゲを伸ばしたくなった時には生えてこなくて困る可能性もあるということを理解してから受ける必要があります。

光脱毛や医療レーザー脱毛では、黒い色に反応する光を使用することになります。

つまり、肌の上にほくろがある部分には光が反応してしまうので、安全のためにも照射することができません。

小さなほくろであれば白いシールを貼って肌を保護して上から光の照射がされることもありますが、ほくろの上のヒゲは残されてしまうことになります。

また、黒い色に反応するということは白い白髪には全く反応しないことになります。

肌の色に左右されずに白髪までしっかりと脱毛したいという場合に、ニードル脱毛が活躍します。

ニードル脱毛は、どんな肌にも毛にも永久脱毛の効果があります。

毛穴に細い針のような器具を入れて電気を流して脱毛していくことになり、その場ですぐにヒゲを抜き取ってもらえるという即効性も持っています。

1本毎の料金で設定されているので、光脱毛や医療レーザー脱毛で残されてしまったヒゲだけを受けるとなるととても安く利用ができます。