カルシウムサプリメントの効果と効率的な摂取方法とは?

カルシウムサプリメントの効果と効率的な摂取方法とは?

カルシウムサプリメントの効果とは?

健康効果が期待できることから、カルシウムサプリメントが注目されています。

サプリメントから摂取するカルシウムの利点は、一体どういったものでしょう。

人の体には様々なミネラルが存在していますが、中でも多いのはカルシウムが、全体重の2%です。

気持ちを安定させる効果や、体の機能を整える効果があるカルシウムは、骨や歯に特に多く含まれているといいます。

食事からカルシウムを補給するという方法は一般的ですが、今の人達の食べ物はカルシウムが少ない傾向にあります。

サプリメントを使うことで、カルシウムを確実に摂取することができます。

骨粗しょう症の予防に、カルシウムのサプリメントを使うと効果があるといいます。

体内でカルシウムが欠乏すると、骨から血液にカルシウムが溶け出て、血管の細胞内にカルシウムが溜まるようになります。

カルシウムが蓄積した血管は硬くなってしまいますので、高血圧や動脈硬化の理由になります。

カルシウムの体内量が十分なものであるように、カルシウムをサプリメントで摂取して動脈硬化や高血圧リスクを減らしましょう。

カルシウムを摂取することで、精神の働きを穏やかにする効果があります。

マグネシウムを、カルシウムと一緒に補給することによって、血液中のカルシウム量が落ちつくといいます。

健康のために、カルシウムサプリメントを有効に活用したいものです。

カルシウムサプリメントの選び方

健康維持に役立つということでカルシウムサプリメントを使う人は多いですが、サプリメントの種類はたくさんあります。

数あるサプリメントからよいものを選ぶには、どんな選び方がいいのでしょう。

カルシウムをどのくらい摂取できるサプリメントかを、まず大事にしたいところです。

女性は600~850g、男性は650~900gのカルシウム摂取が1日に求められます。

サプリメントを選ぶ時は、1日のカルシウム必要量を確保できるものを選ぶことです。

そして、1日2300g以上の摂取は体に悪いので、摂りすぎにならないようにします。

カルシウムを摂取する場合、マグネシウムの補給も重要になります。

カルシウムとマグネシウムはきっ抗状態にあり、カルシウムが増加するとマグネシウムは減少します。

カルシウムとマグネシウムの釣合いが取れなくなることで、メンタル面の落ち着きを失ってしまうことがあります。

マグネシウム2に対してカルシウム1がちょうどいい量だとされています。

マグネシウムも含まれているサプリメントかという点は、カルシウムサプリメント選びでは大事です。他の栄養素との兼ね合いをはかるためにも、マルチビタミンやマルチミネラルのサプリメントを使うようにしてみましょう。

ただカルシウムを補給することだけを考えるのではなく、サプリメントを選ぶ時は、他の栄養成分を摂取できるものも探すといいと言われています。

カルシウムサプリメントの副作用

健康を保つためにカルシウムサプリメントを使う人は多いですが、カルシウムを摂取することの弊害はあるでしょうか。

健康状態に問題がない人は、カルシウムを多少摂取しすぎたとしても、期間が短ければ体に悪影響はありません。

カルシウムは、カルシトシンと副甲状腺ホルモンとで均衡が維持されているため、多少のずれがあっても問題なく調節できるといいます。

カルシウムの副作用は、血中カルシウム濃度が安定していれば何も起きないといいます。

その時限りのことであれば、カルシウムが多くても大丈夫です。

カルシウムの1日摂取上限量は2.3gであり、長期に渡ってこの数字をオーバーしていると過剰状態です。

カルシウムを過剰に摂取した場合、体には様々なトラブルが発生します。

精神が落ち着かなくなったり、筋肉が収縮しづらくなったり、高血圧や腎臓結石の原因になります。

人間の体は、血液内のカルシウム量を保つために、骨粗しょう症でも骨からカルシウムを出すことになります。

骨粗しょう症気味だったとしても、カルシウムを血液の中に供給するために症状を進行させてしまうことがあります。

必要以上のカルシウムを摂取しないようにして、カルシウムの副作用を未然に防ぎましょう。

薬の飲みあわせでトラブルが起きないよう、飲んでいる薬がある人はカルシウムサプリメント利用時に医師に聞いてみるといいでしょう。