クレンジングジェルのメリット・デメリット!クレンジングジェルの特徴とクレンジングジェルの選び方とは?

クレンジングジェルのメリット・デメリット!クレンジングジェルの特徴とクレンジングジェルの選び方とは?

クレンジングジェルの特徴

日常的にクレンジングジェルを使うという人は、少なくないようです。

どんな効果が得られるのが、クレンジングジェルの特徴なのでしょう。

化粧を落とすためのスキンケア用品はいろいろあります。

化粧を落とすために普段使いの洗顔フォームを使うという人もいますが、クレンジング剤での洗顔が理想です。

高分子化合物や油分が含まれている化粧品は水に溶けにくく、石けんなどで洗い落とすことは困難なためです。

クレンジングジェルはジェル型のクレンジング剤で、透明か半透明のものになります。

拭き取り型のクレンジングジェルと、水でよくすすいで洗い流すことを前提としたクレンジングジェルがあります。

洗顔料代わりにできるもの、高分子化合物でつくられているもの、オイルを含むものなどがあります。

クレンジングジェルの中でも洗顔料タイプのものは、ジェルと手のひらで泡立ててふんわりとした泡でメイクを落としていきます。

植物性の高分子成分が配合されているものが、高分子型のクレンジングジェルです。

界面活性剤が使われているクレンジングジェルが、オイル型です。

化粧を乳化させ、クレンジング剤の中に溶けてくることで汚れを浮かせることができます。

洗い残しがないようにするには、クレンジングジェルなどで顔にこびりついているメイク汚れをきれいに落としましょう。

クレンジングジェルのメリット・デメリット

最近では、毎日のクレンジングにクレンジングジェルを使うという人が増えているようです。

使ってみた時の感触が気持ちよく、洗顔後がさっぱりしていることが、クレンジングジェルを好む人が多い要因だとされています。

ジェルタイプのクレンジングのメリットは使用感が良いという点です。

クレンジングジェルは、肌になじむ感覚や、使っている時の肌への感触がいいという方は多いようです。

最近は、保湿力のいいクレンジングジェルも多いようです。

ただし、クレンジングジェルを使う時は、かなりよくなっているとはいえ、肌の水分が奪われがちであるということが気をつけたい点となります。

肌を強くこすっているために、クレンジングジェルで洗うと肌がつっぱるという人もいます。

今までオイルクレンジングを使っていた人がクレンジングジェルを使うと、肌になじみづらい感じがしてこすりがちです。

乾燥肌の人の場合には先に手のひらで温めてから使うようにするのがおすすめです。

肌につけたときの感触がいいことがクレンジングジェルの利点ですが、オイルクレンジングよりは化粧が浮いてくるまでに時間がかかりますので、こすりすぎないように注意しましょう。

クレンジングジェルはクレンジングクリームほどの保湿力がありませんので、保湿効果の高い商品を使ってください。クレンジングジェル選びでは、肌のコンディションと合わせて決めましょう。

クレンジングジェルの選び方

洗顔後の肌の感触がさっぱりしていて気持ちがいいという理由で、クレンジングジェルを使うという人は大勢いるようです。

クレンジングジェルの種類も豊富になりましたが、クレンジングジェル選びのコツは何でしょうか。

クレンジングジェルの中には界面活性剤を含んだものがあります。

洗浄効果はとても高いですが、もともと肌が必要としている皮脂汚れまでも落ちてしまうことがあります。

外界から肌をガードできなくなってしまいます。

汚れ落ちが強すぎるクレンジングジェルを使わないようにするためには、水溶性高分子を配合したクレンジングジェルがいいでしょう。

そこそこの保湿効果があるので、クレンジングジェルで顔を洗っても皮膚が突っぱることはあまりないですが、洗い方や洗浄効果次第ではつっぱる場合もあります。

皮膚が必要としている皮脂は残し、汚れだけを落とせるクレンジング剤が理想です。

クレンジングジェルのメリットはオイルやクリームタイプのように肌に残る感じはなく、洗い流しが簡単なことです。

いつまでもすすぎに時間がかかるものでは、ジェルにした意味がありません。

水で流した時の感触も気をつけながらクレンジングジェルを選びましょう。

日々化粧落としに使うことになるクレンジングジェルですので、肌との相性がいい洗いやすいものにしたいものです。