フェイスリフトで若返がえる!フェイスリフトの効果と若返り効果のある手術とは?

フェイスリフトで若返がえる!フェイスリフトの効果と若返り効果のある手術とは?

若返りのためのフェイスリフトとは?

最近注目されているのが、若返り効果があるというフェイスリフトです。

具体的にはどういったことをするのでしょうか。

皮膚のたるみを解消し、若返り効果を得るための美容整形が、フェイスリフトと呼ばれるもので、その手段は様々です。

人の顔は年齢を重ねると共に筋肉がゆるみたるみが生じます。

ほうれい線やまぶたのたるみ、垂れ始めた頬なども、フェイスリフトによって引き上げることができるといいます。

フェイスリフトといっても様々な方法があり、目的や施設によってやり方は異なっています。

部分的なフェイスリフトを行いたいという人もいます。

中ほどにたるみが目立つ人、上や下など特定の場所にたるみがある人もいます。

目元の若返りや、額に深くできたしわを消すためには、顔の上半分に作用するフェイスリフトが効果があります。

首にできたしわ、たるみ、頬をフェイスリフトで引き上げ、若返り効果を得るためには、顔の下側のフェイスリフトを行う必要があります。

年齢がかなり上の人は顔だけではなく首のしわも気になってくるものです。

フェイスリフトを顔の下側に対して行うことによって、大きな効果が期待できます。

フェイスリフトを利用する場合は、クリニックであらかじめカウンセリングを受け、疑問点を解消しつつ自分の希望を伝えることです。

実際にエステや美容サロンに足を運び、若返りのできるフェイスリフトについて話を聞いてみて下さい。

若返り効果のあるフェイスリフト

フェイスリフトで若返り効果を得る人が多くなっていますが、どのような作用が期待できるのでしょう。

ヒアルロン酸やボトックスを注射する方法や、シミ取りのためにレーザーを照射する方法など、様々な若返りがあります。

若返りという点ではフェイスリフトの効果は絶大です。

しわとたるみが目立つことが、老け顔に見える理由です。

ほうれい線が深くなったり、頬のたるみが増えると、特に年を取って見えます。

フェイスリフトを行って、しわやたるみのない引き締まった肌にすることができれば若返り効果が実感できます。

人によっては、フェイスリフトを行ったことで外見が10歳以上若くなったともいいます。

何歳の時点でフェイスリフトを受けたのかや、その時点で肌がどうだったかでも、何歳若返りができたかが違います。

フェイスリフトを受ける年代は50~60歳代の人が多いようです。

40歳の後半の時点でたるみが目立つという人は、フェイスリフトの効果が現れやすいようです。

その人の肌質や、今の年齢などによって、フェイスリフトでどのくらい効果が出るかは違います。

期待していた若返り効果と異なっていたということがにいように、フェイスリフトを受ける時にはカウンセリングを受けて自分の希望する効果について伝えておくことです。

若返りにはフェイスリフトの手術がおすすめ

フェイスリフトを美容整形外科で受けるという人はたくさんいます。

フェイスリフト手術とは、具体的にどういった処置を行うものでしょう。

近年では、フェイスリフトの手段としてSMAS法と呼ばれる方法が使われています。

皮膚だけでなく皮膚と筋肉の間にあるSMAS筋膜まで引っ張り上げる方法です。

皮膚の他にも、周囲の組織を全体的にリフトアップさせることができるため、若返り効果の持続時間が長くなるといいます。

耳の手前にあるシワに沿って皮膚を切開し、耳の後ろにかけてぐるっと切るのがSMAS法のやり方です。

その後、皮膚をSMAS筋膜ごとはがしてたるみのない適正な位置につけ、固定するというものです。

余った皮膚は切り、縫いあわせればでき上がりです。脂肪ごとリフトアップができるのが、SMAS法のいいところです。

施術部位は局部麻酔をしてから行うため、強い痛みが出ることはありません。

手術の時間はクリニックによっても差がありますが、だいたい2~3時間で終わります。

入院の必要はなく、1週間ほどで抜糸になります。

フェイスリフトを行った後に皮膚が赤く腫れ上がる人もいますが、10日~14日くらいで腫れは元どおりになります。

フェイスリフトを受けてから3カ月もすれば完全に腫れが引き、若返りの効果を実感することができます。

カウンセリングの段階でフェイスリフトについて十分な説明を受けることで、施術前と後で若返り効果はどのくらい実感できるのかを知ることができます。