腸は第二の脳!腸内フローラ検査で腸内の健康をチェックしよう!

腸は第二の脳!腸内フローラ検査で腸内の健康をチェックしよう!

腸は第二の脳といわれる理由!

腸と言えば小腸、大腸、十二指腸など食べ物を消化、吸収、排泄する器官ですが、それだけではありません。

腸は脳と同じような働きをしていて実際に「第二の脳」と呼ばれることもあります。

私たち人間の脳では様々な神経伝達物質が作られていますが、そのひとつにセロトニンという物質があります。

このセロトニンはネガティブな感情をコントロールしリラックスさせる効果や痛みを和らげる効果がありますが、脳だけではなく腸内でもセロトニンは作られ、身体全体のうち90%のセロトニンは腸にあると言われています。

また、腸は脳細胞とのつながりが薄く、心臓など他の器とは違って脳とは独立した状態で活動することが可能です。

他にも腸内にはおよそ1億個もの脳細胞が存在しています。

これらのことが腸が第二の脳と言われるゆえんとなっています。

体調が優れないのは腸内環境悪化の影響かも?

実際に腸と脳は深く関係していて便秘や下痢など腸内環境が悪化している人は同時に頭痛、うつなど脳に原因がある症状を併発している場合が多いのです。

そんな腸内には多種多様な細菌が生息していて、その数は数百種で600兆ともいわれています。これらの細菌はまるでお花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれています。

腸内細菌は善玉菌や悪玉菌など様々な種類で構成されていますが、腸は第2の脳であることからも、腸内細菌のバランスが崩れるとお腹の調子だけでなく精神的にも影響が出る場合があります。

信じられないかもしれませんが、なんだか気分がすぐれない。不安で眠れない。鬱っぽい。そんな症状の原因がもしかすると腸内環境のせいかもしれない。そんなことも考えられます。

腸内フローラ検査とは?

そこで、腸内の健康をチェックするために腸内フローラ検査というものがあります。

この腸内フローラ検査は自宅でも病院でも行うことができ、自宅の場合には検査キットを数千円から数万円で購入し、便を採取し、病院へ送り検査してもらう形となります。

約1月ほどで検査結果がメールや郵送で送られ、どのような菌が多いのか少ないのか、どういった食生活で腸内環境を改善できるのかといったことがわかります。

病院でも同様に検査ができますが、検査内容により20000円程度のものから80000円ほどの高価なものもあります。

自宅での検査に比べ、医師と直接話ができることなどもメリットといえます。

なお、すべての病院で検査ができるわけではないので事前に病院に確認が必要です。

こうした腸内フローラ検査でわかることは腸内細菌の状態であり、特定の病気を検査するものではありませんので、気になる症状などがある場合には別途、検診を受けることがオススメです。

また、腸内細菌はちょっとした変化で大きく増減しますので、一度きりではなく定期的に検査するとより効果が望めるでしょう。

金額や検査内容など、まだまだ課題が多いと言われる腸内フローラ検査ですが、これから進化していき、より生活に身近なものとなって健康に役立つことが期待されます。