関節痛に役立つサプリメントの成分と関節痛サプリメントの選び方!

関節痛に役立つサプリメントの成分と関節痛サプリメントの選び方!

関節痛の時にはサプリメント

関節痛で膝に痛みを感じるようになると、階段の移動などがとても大変になります。

関節痛に効果があるサプリメントはあるでしょうか。

サプリメントで関節痛改善に効果がある成分を摂取することは、果たして可能なのでしょうか。

なぜ関節痛になるのでしょうか。

関節には軟骨という部分があり、関節の動きをなめらかにしています。

骨と骨が当たっても痛くないように骨のつなぎ目は軟骨になっていて、骨同士の衝撃を緩和させています。

若いうちは軟骨は十分にありますが、年を取ったり、運動をしすぎたりすると、軟骨は磨り減ります。

関節の軟骨が磨り減って少なくなると、骨と骨がぶつかることで痛みを感じるようになります。

高齢者ほど関節痛を感じるようになるのは、年をとるにつれて軟骨が減少していくために痛みが増すためです。

軟骨を構成していた物質をサプリメントで摂取することで、関節痛の苦痛を軽減するという方法が一般的なようです。

軟骨を形成している成分を、サプリメントで効率的に摂取することができると言われています。

元々関節にあった軟骨が失われたために、関節が衝撃を吸収しきれず痛みが生じます。

関節痛の痛みは軟骨の減少が原因ですから、新しい軟骨をつくるために必要な栄養素をサプリメントで摂取するという方法が有用です。

関節痛に役立つサプリメントの成分について

サプリメントで関節痛の解消をしようとする人は少なくないようです。

関節部分に存在する軟骨の磨耗を改善することが、関節痛対策になります。

失われた軟骨を新しくつくるために、軟骨を構成する成分をサプリメントで補給するという方法があるようです。

関節痛に効果があるというサプリメントには、軟骨をつくるための成分を何種類か含んでいるものが使われます。

関節痛のサプリメントは、ドラッグストアだけでなく通販ショップでもよく売れています。

関節痛にいいサプリメントとして関心が高いのは、グルコサミンのサプリメントのようです。

エビやカニなどから抽出できる成分で、アミノ酸に分類されます。

軟骨の弾力や柔軟さはグルコサミンによるものが多く、人間の体の中にも一定量存在します。

軟骨に含まれているものとしては、コンドロイチンも有名です。

関節痛のサプリメントの中でも、コンドロイチンサプリメントは人気が高く、軟骨の状態をよりよく保つ効果もあるといいます。

関節痛に効果があるサプリメントとして売り出されています。

コラーゲンやヒアルロン酸は、関節痛だけでなく、美容効果の高い成分として高い知名度があります。

サプリメントの成分として、コラーゲンは有名です。

保水力が強いことがコラーゲンの特徴です。

細かな網目状の物質で、細胞同士を繋ぎ合わせ、水分を保って弾力を維持してくれます。

ヒアルロン酸は関節と関節の動きをなめらかにしつつ、細胞を結び合わせる作用があります。

サプリメントで関節痛に効果がある成分を補給し、関節痛の痛みを軽減したいものです。

関節痛のサプリメントの選び方

関節痛サプリメントだけの話ではありませんが、サプリメントには様々な種類があり、どれを使えばいいか迷ってしまうことが多いようです。

関節痛サプリメントを選択する時の着眼点には何があるでしょうか。

サプリメントで関節痛によい成分を補給したいという場合、コラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、グルコサミン等になります。

軟骨が被ったダメージを修復する作用がある成分が、グルコサミンとコンドロイチンであると言われています。

グルコサミンだけ、コンドロイチンだけのサプリメントを使うのではなく、両方の成分を摂取できるものにすることで、より高い効果が得られるとされています。

コンドロイチンとグルコサミンの両者を効率良く摂取できるサプリメントを使うことで、関節痛の改善効果がより得られます。

体重が60㎏の場合、グルコサミンの1日の摂取量は1500mg、コンドロイチンは1200mg程度が望ましい量であるとされているようです。

サプリメント選びでは、1日に必要な栄養素を補給できる商品を目安にするといいでしょう。

成分名はどのサプリメントでもはっきり書いてありますが、量は書かなくても法律には触れません。

商品によっては、成分量は書いてないようです。

サプリメントでどんな成分を摂取するかは、失われた軟骨を補給するためには重要な情報になります。

記載している成分表に目を通して、関節痛対策に必要な成分をサプリメントで確保できるか調べましょう。