メラトニンサプリメントで不眠症を改善!メラトニンサプリメントの効果とメラトニンサプリメントの副作用とは?

メラトニンサプリメントで不眠症を改善!メラトニンサプリメントの効果とメラトニンサプリメントの副作用とは?

メラトニンサプリメントとは?

メラトニンとは、体内時計を正しい状態にする効果がある成分です。

サプリメントでメラトニンを補給したい人は多いですが、反面、体内時計が体にどう影響しているか知らない人もいます。

メラトニンのサプリメントとは、果たしてどんなものでしょう。

海外旅行に行ったりすると、時差ぼけになりますが、これは自分の体内時計と、現地時間がずれる事が原因で起きる現象です。

旅行先によっては、体で感じる時間と、実際の時間が昼夜逆転していたりします。

起床、食事、活動、睡眠のサイクルは常に一定であり、体はそのことを覚えています。

すべて体内時計がそう感じて起こる事です。

飛行機に乗って海外旅行などに行くと、飛行機の時間が長くなります。

体が覚えている時間帯とは違う時間に食事をし、睡眠をとらなければいけないために、時差ぼけが発生して体が時間についていけなくなります。

メラトニンサプリメントを摂取することで、時差ぼけを治すことができるといいます。

サプリメントでメラトニンを摂取することで体内時計を進ませたり、送らせるなどでコントロールすることが可能になります。

メラトニンのサプリメントは不眠症の改善などにも効果があるとして、注目されているサプリメントでもあります。

体内時計の調子が悪いせいで寝つきが極端に悪くなり、不眠症になってしまうという症例もあるといいます。

メラトニンのサプリメントなどを摂取する事で、体内時計を調整して、不眠を改善する事ができるわけです。

メラトニンサプリメントの効果とは?

日本では、メラトニンは医薬品として用いられているため、メラトニンのサプリメントは購入できません。

欧米ではサプリメントでメラトニンを摂取することが認められおり、時差ぼけや不眠症対策に重宝されています。

メラトニンはホルモンの一つで、元は人の体の中でつくられるものでした。

サプリメントでの摂取は例外といえるでしょう。

だいたい決まった時間に眠ったり、起きたりといった毎日の生活のリズムを体内時計で調整する働きがあります。

強い光を浴びて昼であることが体に認識させるのが、よくある時差ぼけの治し方です。

太陽を浴びている時間によって体内時計が調整され、そして修正してくれる為です。

しかし、天候によっては太陽の光がない日もありますし、強いストレスの影響で体内時計が正常に機能しない場合もあります。

人によっては、太陽光の影響があまりないこともあります。

サプリメントでのメラトニン摂取は、体内時計がきちんと機能しない時に効果的です。

メラトニンには抗酸化作用や抗癌作用、そして活性酸素と呼ばれる体の老化させる元ともいえる物質を抑制してくれる働きなどもあります。

サプリメントでメラトニンを摂取してアンチエイジングを目指す人もいます。

メラトニンのサプリメントには、時差ぼけや不眠の改善だけで無く、健康に役立つさまざまな効果があるので人気のサプリメントとなっています。

メラトニンサプリメントの副作用

日本では、メラトニンのサプリメントは医薬品として販売されており、処方箋がなければ購入することができません。

ホルモンにカテゴリされるメラトニンは、日本ではサプリメントのような食品扱いはできません。

店頭販売はしてはいけないと、日本ではホルモン系の成分については定められています。

メラトニンのサプリメントは、アメリカでは普通にサプリメントとして売られています。

サプリメントとしてメラトニンを摂取するとどんな副作用があるのか、メラトニンに関しては不明確なこともあるようです。

実際のところ、アメリカのサプリメントを販売しているサイトなどを見ると副作用は無しと書いてある商品もあります。

人によっては、腹の痛み、睡眠の障害、血圧の低下などの症状があるという書き方もされています。

メラトニンのサプリメントに副作用の可能性があるかは明らかではありませんが、個人差はあれど気をつけた方がいいと考えるべきでしょう。

今はまだメラトニンの研究をしている最中であり、どんな効果があるかの結論は出ていないとも言えます。

メラトニンのサプリメントを飲むならば、この辺のところもよく理解して、摂取するようにしましょう。

メラトニンは、子供は使わない方がいいようです。

もともとメラトニンの分泌が多いので、時差ぼけや睡眠障害があっても使わないほうが無難です。

妊娠中もホルモンが増加しているので、メラトニンがどう影響するのか分かっていない事もあるようなので使用しない方が無難かも知れません。