テロメア年齢と超早期ガンが分かるミルテル検査とは?

テロメア年齢と超早期ガンが分かるミルテル検査とは?

ミルテル検査とは?

ミルテル検査とは、テロメアテストとミアテストの二種類があり、採血のみで可能な身体への負担も少なくて済む簡便な遺伝子検査です。

疾患リスクを知ることで予防につながり、または既にかかってしまっている疾患を早期発見するための検査となっています。

テロメアテストとは?

テロメアテストとは、テロメアの長さとGテールの長さを測ることで遺伝子強度と遺伝子疲労度を測定し、疾患リスクを知ることのできる検査です。

生まれつきの遺伝子の強さと、日々の生活から受ける遺伝子の疲労度を調べることにより生活習慣の改善や癌、動脈硬化、慢性心不全、糖尿病などのさまざまな疾患予防に役立てます。

テロメアとは?

テロメアとは、染色体の末端で遺伝子を保護している部分のことで、その長さは年齢を重ねることでだんだんと短くなっていき、短くなってしまうと疾患リスクが高まるのです。

長さには個人差があり、例え同じような生活習慣でも同じような疾患リスクがあるわけではないので検査をして調べることが大切となります。

Gテールはテロミアの最末端の部分のことで、その長さはストレスなどを原因として短くなりますが、生活習慣や環境を改善することで修復が可能です。

基本的にはテロミアが長い人ほどGテールが短い傾向にあり、Gテールの長さで遺伝子疲労度を調べることができます。

ミアテストとは?

ミアテスト(未病リスク検査)とは、癌や認知症などの疾患の早期発見のための検査で、手遅れとなることを防ぎます。

約300以上のマイクロRNAを含む微粒子が細胞から分泌されて血液中を循環していて、疾患になってしまうとそれぞれの病気特有のマイクロRNAの量が増減し、この変動を調べることで癌や認知症などの疾患を早期に予測することが可能になるのです。

腫瘍マーカーなどの従来の検査と比べると精度が格段に高く、病気になる前の段階で将来異常が発生することを事前に察知することによって、さまざまな対策を打つことができます。

ミアテストで分かる病気リスクは?

ミアテストで見つけられる病気のリスクは、癌の場合ですと、胃癌・乳癌・大腸癌・肺癌・肝臓癌・脳腫瘍・膵臓癌・甲状腺癌・卵巣癌・子宮癌・頭頸部癌・食道癌・前立腺癌で、その他の病気は、アルツハイマー・認知症となっています。

現代では、癌だけではなく、認知症やアルツハイマーなども早期に発見することで発症を抑えることのできる投薬治療を受けることもできますし、事前にリスクを発見することさえできればアルツハイマーなどの予防的要素を格段に上げることが可能です。

検査の流れは?

検査の流れは、まずは医師の説明を受け、検査内容の確認を行い、採血をし、その際わずか20ml程度の採血で検査をすることができます。

約2週間から4週間かけて遺伝子の検査を行い、検査結果に基づいたレポートが作成され、そのレポートを基に診断結果について医師からの説明となります。

家庭用に簡易的な検査キットが販売されていますが、検査精度に疑問があるため、あくまで簡易的だということを頭にいれておいたほうがいいと思います。

料金は保険が適用されないので全額負担で、価格はおおよそ60,000円前後と高額です。